消費者金融とは

消費者金融と聞いたとき、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。「良く分からないけど何となく怖い」というイメージを持っている方もいらっしゃると思います。
消費者金融にそんなイメージがあるのは、法改正前の高い金利のイメージが残っていたり、いわゆるヤミ金(闇金業者)や街金(街金融)との違いがよく分からないことなどが理由として考えられます。
過去には多重債務による社会問題もありましたが、法改正を重ね、現在の消費者金融は消費者保護のための厳しい法律の下でサービスが提供されていますので、安心して利用できます。

ここでは、消費者金融の特徴や銀行系信販系カードローンとの違いをご案内します。また、闇金業者(ヤミ金)の見分け方もお伝えします。
消費者金融の理解を深めて、悪いイメージや不安の払拭に繋げてみてください。

消費者金融とは

消費者金融とは何ですか?

個人向けの融資のサービスのことです。

消費者金融とは、一般の消費者個人に対する融資のサービスのことです。または、そのサービスを提供する会社(事業者)のことを言います。
消費者金融では、小口の融資を無担保で行うケースがほとんどで、カードローンやキャッシングサービスがそれに該当します。
消費者金融には貸金業法が適用されるため、各消費者金融会社は貸金業法を遵守した営業を行っています。

サラ金とは何ですか?

サラ金とはサラリーマン金融の略称です。

サラ金とはサラリーマン金融の略称です。1960年代頃の団地金融がその元と言われ、主な利用者はサラリーマン(給与所得者)だったため、サラリーマン金融(サラ金)と呼ばれるようになったようです。
その後、サラリーマン以外にも女性や自営業者の利用も増えたため、サラリーマン金融は消費者金融と呼ばれるようになりました。
サラ金とは昔の消費者金融を意味する言葉で、現在ではサラ金という呼び方は減ってきています。消費者金融がサラ金と呼ばれていた頃には、高い金利など様々な問題がありましたが、その後法律の整備が進み、現在までに金利も下がり、多重債務の問題も解消されてきました。
サラ金という呼び方は、様々な問題を抱えていた昔の消費者金融を彷彿とさせる部分があり、時代の変化とともに使われることが減ってきています。

消費者金融と街金(街金融)の違いは何ですか?

街金とは、街中に事業所を置いた小規模な消費者金融のことです。

街金(街金融)とは、街中に事業所を置き、地域に特化して営業をしている小規模な消費者金融のことです。
大手消費者金融会社と異なり、全国に支店を構えたりすることなく、特定の地域のお客様に対して小口の融資を行っています。
街金の場合、大手消費者金融と違って知名度がないことで不安を覚える方も多いと思います。そのため、街金がヤミ金(闇金業者)なのではないかと疑ってしまうケースも多いようで、良い印象を持たない方も多いようです。
街金は、あくまでも規模の小さい消費者金融を指した言葉ですので、街金=ヤミ金と誤解しないようにしましょう。

消費者金融業者と闇金業者(ヤミ金)の見分け方を教えてください。

正規の消費者金融業者には、貸金業登録番号が付与されています。

消費者金融業者と闇金業者を見分けるポイントはいくつかあります。

  1. ①消費者金融業者の貸金業登録番号を確認する

    法令を遵守している業者は、貸金業者として監督官庁より貸金業登録番号を付与されています。貸金業登録番号はホームページや広告に必ず記載しなくてはいけないものですので、確認してみましょう。
    ちなみに、ベルーナノーティスは株式会社サンステージが貸金業者として登録を受けており、「登録番号:埼玉県知事(2)第03865号 」となっています。複数の都道府県に営業所や事務所を構えている業者の場合、登録は各都道府県知事ではなく、内閣総理大臣の登録が必要となります。(例:関東財務局長(1)第01234号)
    金融庁のホームページでも検索できますので、気になる業者は検索してみてください。
  1. ②違法な金利を謳っていないか

    利息制限法の上限金利を超えている場合、闇金業者である可能性があります。
  2. 貸付額 10万円未満 10万円以上100万円未満 100万円以上
    利息制限法上限金利 20.0% 18.0% 15.0%

    (実質年率)

  1. ③広告の文言を確認する

    「ブラック可」「破産歴・債務整理も歓迎」といった文言がある場合、闇金業者である可能性が高いと言えます。

消費者金融と銀行系信販系カードローンの違いや特徴を教えてください。

サービス提供元の違いによりそれぞれ以下の特徴があります。

  1. ①消費者金融のカードローン

    消費者金融会社は、個人向けの融資のサービスを専門に行っている会社です。貸金業者に該当するため、消費者金融会社からの借入れは貸金業法の総量規制により年収の3分の1までに制限されます。
    融資までのスピードが速く、利便性の高さが特徴です。一定期間金利0円で借入れができる無利息サービスを行っている会社が多いのも消費者金融の特徴です。
    また、銀行系、信販系と比べると比較的信用の低い方への融資も行っているため、金利は多少高めとなっています。
  1. ②銀行系カードローン

    貸金業者の融資が総量規制により制限されるようになって以来、銀行のカードローンは融資残高を大幅に伸ばしてきました。
    貸金業者には該当しないため、総量規制の対象にはならないのですが、独自の審査ルールにより借入れは年収の3分の1、または2分の1までとしている銀行もあります。
    消費者金融や信販系と比べると審査は厳しく、その分金利は消費者金融よりやや低めになっています。融資までに日数を要するケースが多いのですが、銀行という安心感は大きいのではないでしょうか。
  1. ③信販系カードローン

    信販会社やクレジットカード会社が提供しているカードローンです。クレジットカード会社が提供するカードローンの場合、キャッシング機能が付帯されたカード、もしくはカードローン専用のカードとなります。
    日頃クレジットカードをよく使う方の場合、同じ会社のカードで融資サービスを受けられるのは勝手が良いかも知れません。
    消費者金融と同じく貸金業者に該当するため、総量規制が適用されます。金利は消費者金融よりやや低めで、銀行系と似たような金利帯となっています。

消費者金融の金利は法律の範囲内なのでしょうか。

消費者金融は2つの法律の範囲内で金利を設定しています。

消費者金融の上限金利は2つの法律で規制されています。一つは利息制限法で、貸付額に応じて15%~20%が上限となっており、これを超えた金利は無効となります。もう一つは出資法で、こちらは上限の20%を超えると刑事罰の対象となります。
過去には出資法の上限金利が29.2%まで認められており、2つの上限金利の間の金利帯が一定要件を満たすことで有効とされていました。いわゆる「グレーゾーン金利」です。しかし、2010年6月18日の法改正により、グレーゾーン金利は撤廃されました。
消費者金融の金利は、過去より法律の範囲内で設定されており、法律の整備に伴いより利用し易いものへと変わってきたのです。

消費者金融は返済が遅れると取り立てが怖いイメージなのですが。

貸金業法で過剰な取り立ては禁じられています。

消費者金融の取り立て行為は、貸金業法により規制されています。古い漫画やドラマの中には怖い取り立てが描かれていることがありますが、現在の消費者金融ではそのようなことはないのでご安心ください。

消費者金融のメリットとデメリットを教えてください。

主なポイントは2つずつあります。

消費者金融のカードローンのメリット

  1. ①融資までのスピードが速い

    消費者金融のカードローンは銀行系や信販系のカードローンに比べて審査が速く、最短でお申込みの当日に融資ができる会社もあります。融資を急ぎの方にはおすすめです。
  1. ②無利息サービスが充実している

    消費者金融では一定期間金利0円で借入れできる無利息サービスを提供している会社が多く存在します。その形態は様々で、無利息サービスを繰り返し利用できる会社もあります。
    消費者金融のカードローンを上手く活用すれば、金利を一切負担せずに借入れをすることも可能です。

消費者金融のカードローンのデメリット

  1. ①銀行系、信販系に比べると金利は高め

    2010年の法改正以前の各金利帯は、銀行系 < 信販系 < 消費者金融と住み分けは現在よりも明確でした。現在では各社の金利帯は近しくなっているものの、サービスを提供する側からすると、貸し倒れリスクの高い融資をするほど金利を高く設定する必要があります。
    銀行で融資を断られたとしても、消費者金融では審査が通過するといったケースもあります。
  1. ②知名度の低い会社も多い

    消費者金融業者といったときに、すぐに思い付くのはテレビCMを流しているような大手消費者金融業者だと思います。消費者金融業者による個人向け融資サービスでは、大手消費者金融業者のシェアが高く、中堅以下の会社はあまり知られていません。
    そのため不安になることもあるかも知れませんが、そのようなときには前述した貸金業者の登録番号や会社情報をよく確認して不安を払拭しましょう。

まとめ

消費者金融について、今回は時代背景も含めてご説明させていただきました。消費者金融に対する不安は払拭できましたでしょうか。
現在の消費者金融は安心してご利用いただけるカードローンとなっています。消費者金融ならではのメリットもありますので、カードローンのご利用を検討される際には、銀行系、信販系のカードローンに加えて消費者金融も選択肢に入れてみてください。