お金がないときの対処法!お金がない人の共通点と見直しのコツとは?

「いつもお金がない」「必要なときにお金が足りない」「お金がないので生活に困っている」という人には、実は共通点があることをご存知でしょうか。
今回は、金欠に悩まされる人の特徴や、慢性的または一時的にお金がない人に向け、今すぐにできる解決手段をご紹介していきます。こちらの記事を参考に、ぜひともお金がない生活から脱する方法を一緒に考えていきましょう。

お金がないときの対処法!お金がない人の共通点と見直しのコツとは?

お金がない状態に陥る人の共通点を教えてください。

共通点は支出額を把握していない、出費が多い、目先の感情を優先することが挙げられます。

お金がない人には、以下の通り、3つの共通点があります。万が一該当するものがある場合は、「いつもお金がない」という悩みを解決するためにも改善を検討すべきでしょう。

  • 毎月の支出額がわかっていない

    お金がないときは、気づかないうちに「手元にあるお金の流れが管理できていない状態」に陥っていることが多い傾向があります。お金を管理する際に最も重要なことは、収入、支出、貯金といったお金の流れを総合的に把握することです。
    「今月入ってくるお金はいくらなのか」「いくらまでなら使っても大丈夫なのか」、この2点をまずは明確にしておかなければ、収入以上に支出が多くなり、借金が必要となる事態にもなりかねません。

    自分の経済状況を知るためにおすすめの方法としては、家計簿をつけることが挙げられます。昨今では、スマートフォンで家計簿をつけることができるアプリも存在します。銀行の口座情報に紐付けを行い、支出額を効率的に把握することができるため、おすすめです。

    住民税や自動車税といった各種税金の支払い、突然の病気などで必要となる可能性がある医療費など、生活費以外にも用意しなければならない支出はたくさんあります。
    これらの方法を実践して、まずは確実に家計の状態を把握することが、お金が足りない生活から抜け出す第一歩だと言えます。

  • 消費や投資よりも無駄な浪費が多い

    お金を使うときは、そのお金の使い道が消費(その場で必要となる費用)なのか、投資(未来の自分のために必要な費用)なのか、浪費(目先の楽しみだけを考えた無駄な費用)なのかを見極めることが重要となります。
    消費に関しては、生活をしていく上で必要なお金だと言えますし、投資は建設的なお金の使い方の代表例だと言えるでしょう。しかし、浪費についてはなるべく割合を減らしていきたいものです。
    お金がない生活で困っている方は、普段の自分のお金の使い方を「消費」「投資」「浪費」の3つの軸で整理し、浪費に該当するものは具体的に何かを把握した上で、より有益なお金の使い方と節約に取り組むようにしてみてください。

  • 目先の感情を優先したお金の使い方をしてしまう

    「現在志向バイアス」と呼ばれる心理学用語があります。これは「未来の利益よりも、目先の利益を第一に考えてしまう」という人間に備わっている傾向のことを意味しています。
    そのため、そのような傾向があることを知らない人は、目の前の浪費に使う1万円と、未来のために貯蓄する1万円のどちらを選ぶかと考えた時、1万円を浪費してしまう可能性が比較的高いのです。

    このように、人間は基本的に目先の感情を優先してお金を使ってしまう傾向があることを念頭にしておかないと、お金が足りなくなったり、お金がすぐになくなったりする状況に苦しむことになります。
    現在志向バイアスを断ち切り、未来の自分のためにも、浪費よりも貯蓄や投資を選ぶことができる思考を、なるべく早く身につけるように心がけましょう。

お金が慢性的に足りないときの対処方法を教えてください。

固定費の見直し、変動費の節約、収入源の確保、計画的なお金の管理が有効な方法です。

慢性的にお金がない時に見直すべきは、以下の4つの項目です。

  • 固定費を見直す

    支出を減らすときに、まず見直したいのが固定費です。固定費とは、家賃、スマートフォンの通信費、生活にかかる光熱費などを意味しています。
    これらの固定費は、生活の中で必ずかかる費用だと言えます。そのため、内容を見直して節約する方法を確立すれば、お金を使う仕組みそのものが変わるので、その後は苦労することなく節約を継続することが可能となります。
    お金が足りない生活に悩んでいる方は、まずは「固定費を減らすことはできないか?」を真剣に考えるようにしてみてください。

  • 変動費を節約する

    固定費の見直しと並行して行いたい節約方法として、変動費の見直しも挙げられます。変動費には、趣味や遊びなどの娯楽費、毎日の生活で食べる料理や食材を購入する食費、おしゃれをするために服を購入する被服費などがあります。
    これらの変動費は、節約する意識さえあれば意図的に支出を減らすことができるため、お金が足りなくなる生活で悩んでいる人は必ず見直すべきでしょう。

    ただし、変動費の節約は無理をし過ぎると、暮らしに面白みがなくなり、ストレスとなって長続きしない場合があります。そのため、変動費はゼロを目指すのではなく、適度に使うことを想定した支出管理を行うことが重要です。

  • 副業や転職で収入を増やす

    会社員の方の場合、昇給やボーナスアップなどで収入を増やす方法が考えられますが、これらは成果が出るまでに時間がかかります。そのため、副業や転職を行なって収入を増やす方法を検討することがおすすめです。
    副業に関しては、本業に支障が出ない程度で、空いている時間を使って行うことができる仕事を探すのが良いでしょう。特に、WEBでお金を稼ぐことができる副業(物販、ネットショップ運営、クラウドソーシングなど)は、場所を選ばず行うことができるため、人気のあるジャンルです。

    ただし、副業を行う場合、副業禁止の規定を設けている会社もあるため、会社員の方は、所属する会社から事前に許可をもらう必要があります。
    また、副業の働き方や収入の金額によっては、会社の年末調整以外に、個人的に確定申告を行わなければならなくなる場合もあることは把握しておきましょう。

  • 計画的にお金を管理する

    固定費・変動費を見直すことで、具体的な支出が見えてくるため、毎月いくらの収入を確保すべきか、どれくらいの貯金を想定しておいたほうが良いのかがわかってきます。ここまで把握することができたら、計画的なお金の管理ができるようになっていくでしょう。
    月間および年間の予算を、ある程度事前に決めた上で、必要な支出が将来的に想定される場合には、それに向けて先行して貯金を行うなど、工夫を続けることが重要です。

一時的にお金がないときに、考えられる対処方法はありますか?

短期アルバイト、スキルや空き時間の有効活用、不要なものの物販などを検討してみましょう。

一時的に金欠に悩まされている場合には、以下のような方法を検討してみましょう。

  • 短期のアルバイトをする

    1日〜1週間程度の短期アルバイトや、リゾートバイトなどの単発のアルバイトを行うことで、必要な支出を補うことができるお金を得る方法があります。特に、短い日数のアルバイトの場合、日払いが可能であるケースも多いため、最短即金でお金が必要な方は、検討してみる価値があります。
    なお、短期のアルバイトで得ることができるお金の相場は1日1万円程度です。中には「高収入」を大々的に掲げる短期アルバイトもありますが、あまりにも相場からかけ離れた収入が得られるとうたう仕事は、違法な業務に従事させられる可能性なども考えられるため、注意が必要です。

  • 自分の持っているスキルや空き時間を売る

    WEBプログラミング、ライティング、英会話のレッスン、家庭教師など、自分の持っているスキルを用いて、空き時間に仕事を行う方法も有効です。
    現在では、WEB上で自分のスキルを販売できるアプリや、複数の企業や個人に案件を依頼してもらうことができるクラウドソーシングといったサービスが充実しているため、やる気と売り出すスキルさえあれば、すぐに収入を得ることができる方法を見つけ出すことができます。
    WEBで完結することができる仕事であれば、本業や家事の合間に行うことも可能であるため、お金が必要で副業を検討しているサラリーマンや、お金がない生活から抜け出したい主婦の方にもおすすめです。

  • 不要なものを売る

    お金が必要となった場合には、ネットオークションサイトやフリマアプリを利用して、手元にある不要なものを売る方法も有効です。
    現在では、スマートフォンさえあれば、手軽に物販を行うことができるため、忙しいサラリーマンの方や、家事に追われている主婦の方などでも、お金が必要な際にはすぐに試すことができます。
    「今すぐにお金が必要」という方の場合は、即日でお金を手に入れることができるリサイクルショップなどの店舗の買取サービスを利用する方法が挙げられます。この方法であれば、購入から入金までのタイムラグがないため、最短・即金でお金が必要な方にはおすすめの方法です。

関連記事はこちら

お金がないときに、お金を借りるためには、どのような方法が考えられますか?

友人や親からの借金、国や自治体の制度の活用、カードローンの利用などがあります。

お金がないときに、お金を借りる方法としては、以下のような手段があります。

  • 友人や親に借りる

    お金を借りる方法として、気軽に行うことができる印象があるのは、友人や親からお金を借りることではないでしょうか。
    ただし、この方法は、相手側に心配をかけてしまうケースが多く、約束通りに返済ができない場合には信頼関係に傷がつき、関係性が悪化してしまう可能性も考えられます。
    そのため、返済期日を明記した借用書を用意したり、利息などの規定を行なって相手側にもメリットがあるように工夫したりする必要があります。

  • 国や自治体の制度を活用する

    お金がなくて生活費や住居の家賃確保に困っていたり、病気などで思うように働くことができなかったりする場合には、「緊急小口資金」「住宅確保給付金」「傷病手当金」「休業手当金」など、国や自治体が用意している制度を利用することも有効です。
    諸条件を満たすことで、これらの制度を活用して融資や給付金を受け取り、足りない生活費や家賃、医療費などを確保することが可能となります。これらの制度は、国や自治体が用意しているものであるため、無利子または低利子でお得にお金を借りられるメリットがあります。
    ただし、諸条件を満たすことができない場合や、即金でお金を手に入れたい場合には、別の方法を検討する必要があることは把握しておきましょう。

  • カードローンを利用する

    カードローンは、銀行や消費者金融などが提供する、個人向け融資に特化したサービスです。利用者には専用のカードが発行され、利用限度額内であれば何度でも借入ができます。
    国や自治体の制度と比較すると、金利が高い傾向にありますが、コンビニや銀行のATMを利用して融資を受けたり、返済できたりするため、利便性の高さが特徴です。
    また、インターネットから申し込み、直接自分の支払い口座に振込んでもらうことができるサービスを提供している場合もあります。

    銀行のカードローンに比べ、消費者金融が提供するカードローンは、借入れする際の条件が厳しくなく、比較的簡単にお金を借りることができます。即日審査・カード発行からの早期融資、無利息ローンなどの利点があるのもポイントです。

    なお、ベルーナノーティスの場合、はじめてのお借入れと完済後の再度のお借入れが、14日間無利息で、何度でも利用することが可能となっています。ATMでのお借入手数料も0円ですので、お金がないというときにも利用しやすい特徴がございます。

関連記事はこちら

まとめ

慢性的にお金がない場合は、現状の支出をきちんと把握し、計画的にお金を使う意識が重要です。浪費癖や家計管理を改善しないことには、ずっとお金がない状態が続いてしまいます。支出を見直す、収入を増やすなど、家計の状態をしっかりと見直し、健全化を行う努力が重要です。
また、一時的にお金がない場合の対処法としても、短期的なアルバイトや不要なもの・自分のスキルや時間を売る、お金を借りる方法などをご紹介してきました。一時的にお金がない場合には、それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、その時々の自分の状況に最適な手段を検討しましょう。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。