無担保借入とは?有担保ローンとここが違う!無担保ローンの特徴

カードローンなどで借入れをしようと思ったときに、「無担保」という言葉を見かけることがあると思います。無担保ローンとはどういった借入れのことなのでしょうか。有担保ローンと比較したときにどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。
ここでは無担保借入とはどういったローンなのか、無担保借入(無担保ローン)の特徴をわかりやすく説明します。

2020.9.25 無担保借入とは?有担保ローンとここが違う!無担保ローンの特徴

無担保借入とはどういったローンですか?そもそも無担保とは何ですか?

担保なしで借入れできるローンのことです。

無担保借入とは、担保設定をせずに契約できる借入れのことを言います。
そもそも借入れとは、金銭や品物を借りることを意味します。また、お金の借入れに伴う担保とは、お金を借りる人(債務者)が将来的に返済ができなくなってしまった場合、金融機関や貸金業者など(債権者)の損害を補うために用意する資産のことです。
返済ができなくなってしまった場合、金融機関などの債権者は担保を換金して、そのお金を返済の代わりに充てるのです。
一般的に融資やローンなどを利用する際に必要とされる担保とは、物的担保のことを指すことが多く、具体的には不動産や車などが担保になります。
無担保とはこうした担保の設定がないことで、担保設定がない借入れのことを無担保借入(無担保ローン)と言います。その反対に、有担保ローンとは担保設定をする借入れやその契約のことを言います。

さらに詳しく知りたい方はこちら

無担保ローンにはどういった種類のローンがありますか?

代表的な無担保ローンは、カードローン、クレジットカードのキャッシング枠を利用したローンです。

無担保ローンにはいくつか種類があります。代表的なものはカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用したローンで、その他に、使い道が自由なフリーローンにも無担保で契約ができるローンがあります。
また、マイカーローンは有担保ローンかというと全てがそうでもなく、提供元や商品によっては無担保型のローンもあります。

さらに詳しく知りたい方はこちら

無担保ローンのメリットとデメリットとはどんな点ですか?

主なメリットとデメリットは以下の通りです。

無担保ローンのメリットとは

  1. ①融資までのスピードが早い

    無担保ローンの場合、有担保ローンと比べて手続きに要する時間が少なく済むため、融資までのスピードが早い傾向にあります。最近では最短で即日融資できるカードローンなども良く見かけるようになりました。
  2. ②担保に入れる資産がなくても良い

    無担保ローンの場合、自分名義の不動産や車など、担保として提供する資産がなくても借入れができます。

無担保ローンのデメリットとは

  1. ①金利はやや高め、高額の借入れは難しい

    無担保ローンの場合、有担保ローンに比べて金利はやや高めになる傾向があります。ローンを提供する金融機関や貸金業者にしてみれば、有担保ローンと比較して融資したお金が返ってこないリスクがあるため、どうしても有担保ローンに比べて金利を高くせざるを得ないのです。
    また、借入れできる金額(ご利用限度額)は多くて数百万円となるケースがほとんどで、一千万円以上の規模の融資を無担保ローンとして提供している会社はほぼありません。
  2. ②審査は本人の信用による部分が大きい

    有担保ローンの場合、その担保の価値評価によって融資が可決され易かったりしますが、無担保ローンにおいては担保がない分、審査の可否は本人の信用による部分が大きくなります。
    有担保ローンなら審査が通るというケースもあるのではないでしょうか。

関連記事はこちら

有担保ローンのメリットとデメリットとはどんな点ですか?

主なメリットとデメリットは以下の通りです。

有担保ローンのメリットとは

  1. ①金利はやや低め、高額の借入れが可能

    有担保ローンの場合、金融機関や貸金業者にしてみると、万が一返済が滞っても担保を換金することで融資したお金の回収が図れるため、貸倒れリスクは低くなります。そのため、無担保ローンと比較して金利は低く、高額の融資が可能となります。
  2. ②担保の価値が高いと審査が通り易くなる

    借入れ(ローン)の審査においては、一般的に収支のバランスから見た支払い能力や本人属性、環境などが総合的に審査されますが、担保の資産価値が高ければ高いほど、支払い能力が高いと見なされるるため、審査は通り易くなります。

有担保ローンのデメリットとは

  1. ①返済ができないと担保にした資産を失う

    有担保ローンで返済が出来なくなってしまった場合、担保に設定した資産を換金して返済に充てることになります。例えば、不動産を担保に設定した契約の場合、不動産は強制的に競売にかけられて売却され、その売却代金が返済に充てられることになります。そのため、担保として提供していた不動産は失うことになります。
  2. ②事務手数料がかかる

    有担保ローンの場合、金融機関や貸金業者などが行う担保の調査や手続きのための費用を事務手数料として請求されるケースがほとんどです。事務手数料は数万円で固定の場合もあれば、融資額に対して2%前後で決められている場合もあります。
    仮に1,000万円の有担保ローンで事務手数料2%を負担する場合、20万円が手数料として発生します。
    また、一括返済や多めの返済をする際や契約内容の変更にも手数料が発生する場合があります。各種手数料は数千円~数万円、もしくはそれ以上の金額となるため、予め確認しておきましょう。

無担保借入とはどういったときにおすすめのローンですか?

急いで少額の借入れをしたいときなどにおすすめです。

無担保借入(無担保ローン)は、融資を急いでいる場合や、一時的な少額の借入れで都合によっては一括返済や多めの返済をしたいといった場合におすすめのローンです。
例えば、無担保ローンであるカードローンでは、完済後も繰り返しご利用限度額内で借入れができ、その都度手数料や審査が必要になることがないため、利便性の高いカードローンと言えます。
また、担保として提供する自己資産がない方が借入れを検討する場合には、必然的に無担保ローンがその検討対象となります。

まとめ

無担保借入(無担保ローン)とは何か、今回は有担保ローンとの違いやそれぞれのメリットとデメリットを紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか。
無担保ローンと有担保ローンのそれぞれの特徴を踏まえて、ご自身のご都合にあったローン選びにお役立てください。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して17年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。