カードローンの総量規制とは?対象外の貸付など詳しく解説!

カードローンやキャッシングについて調べていると、総量規制という言葉をよく聞くのではないでしょうか。総量規制とはカードローンなどの利用者が借り過ぎてしまわないよう、一定の借入上限額を定めて借り過ぎを防ぐ制度です。ここでは総量規制対象外となる借入れを知りたい、総量規制以上に借りたい、という方のためにも詳しくご説明いたします。

カードローンの総量規制とは?対象外の貸付など詳しく解説!

総量規制とは何ですか?

貸金業者からの借入れを年収の3分の1までに制限する制度です。

総量規制とは2010年に施行された貸金業法に基づいた制度です。
貸金業者からの合計借入額を年収の3分の1までに制限する制度のことをいいます。例えば年収が300万円の場合、貸金業者から借入れできる金額の合計は100万円までとなります。既に50万円借入れをしている場合は、残りの借りることができる金額は50万円が上限になります。
また、カードローンを複数契約されている場合の総量規制の制限は、それぞれの借入れを年収の3分の1に制限するのではなく、貸金業者からの全ての借入れの合計額を年収の3分の1に制限するものです。

ここでいう貸金業者とは、預金業務を行っておらず、お金の貸出し業務を行っている業者のことです。具体的には、消費者金融や、キャッシングサービスを提供するクレジットカード会社のことです。銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫などもお金の貸出し業務は行っていますが、貸金業者ではありません。そのため、銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。

さらに詳しく知りたい方はこちら

なぜ総量規制という制度ができたのか目的を教えてください。

総量規制は借入れをする消費者を守るために作られた制度です。

過去には、貸金業者より返済がしきれないほどに借入れをしてしまう多重債務者の増加が社会問題になっていたことがありました。多重債務の問題を生み出さないために、総量規制という制度が設けられ、借入れが制限されるようになりました。

総量規制の基準となる年収にはどのような収入がありますか?

以下の5つが総量規制の基準となる年収です。

  • ・給与
  • ・年金
  • ・恩給
  • ・定期的に受領する不動産の賃貸収入(事業として行う場合を除く)
  • ・年間の事業所得(過去の状況に照らして安定的なものに限る)

年金受給者の方や上記に該当する収入が複数ある場合には、その合計額がカードローンお申込時の年収として採用されます。
また、総量規制では手取り額ではなく総支給額が基準となることを覚えておきましょう。
その他、シルバー人材センターでの収入や、宝くじや馬券などによる一時的な収入は、総量規制の年収として採用されません。
総量規制の対象となるカードローンにおいて、年収は重要な審査項目ですので、基準となる年収を正しく理解しておきましょう。

総量規制の対象になるローンはどのようなものがありますか?

貸金業者が行う個人向けの無担保ローンが総量規制の対象になります。

消費者金融のカードローンやクレジットカード会社が提供するキャッシングサービスなどの個人向けローンが該当します。個人向けと言っても住宅ローンは年収の3分の1に収めるのは難しいので不動産を担保として契約します。その場合有担保ローンになりますので総量規制の対象外となっています。
○○向けローンにはいくつか種類があり、個人向けの他には法人向けや個人事業主向けなどがあります。法人向けローンは総量規制の対象にはならず、個人事業主向けローンは総量規制の対象ではありますが、例外で年収の3分の1を超えて契約をすることができます。

さらに詳しく知りたい方はこちら

総量規制以上に借りたいのですが、総量規制対象外の貸付はありますか?

代表的なものに住宅ローンやマイカーローンがあります。

カードローンやキャッシングには、総量規制の対象外となる除外貸付があります。また総量規制の対象となりますが、例外として認められている例外貸付というものがあります。

  1. ①除外貸付

    総量規制の適用対象外となるため、年収の3分の1を超えて借入れをすることが可能です。
    以下は除外貸付の一例です。
    • ・住宅ローン、またはそのためのつなぎの融資
    • ・マイカーローン
    • ・高額療養費の借入れ
    • ・不動産を担保とする借入れ
  2. ②例外貸付

    利用者の利益の保護に支障を生ずることがない貸付けとして、総量規制以上に借入れをすることが可能です。
    以下は例外貸付の一例です。
    • ・配偶者と合わせた年収の3分の1以下の借入れ(配偶者貸付)
    • ・緊急に必要な医療費の借入れ
    • ・個人事業主に対する借入れ
    • ・おまとめローン(一定の条件あり)

例外貸付は利用者の過剰な負担となる借入れではない、もしくは、緊急を要する借入れとして認められているので総量規制以上に借りたいというときのために覚えておきましょう。ただし、除外貸付と違って例外貸付の借入残高は総量規制の借入残高に算入されるので、その後さらに総量規制の対象となる借入れをする際には、その残高も合算して年収の3分の1までが借入れの上限になります。

ベルーナノーティスでは例外貸付の配偶者貸付を行っているので、専業主婦の方などでもお借入れをすることが可能です。

関連記事はこちら

総量規制の対象外である銀行からの借入れならいくらでも借りられますか?

いくらでも借りられるというものではありません。

銀行は貸金業者には該当しないため総量規制の対象外となりますが、貸金業者と同様に過剰に貸付けをし過ぎないよう独自の審査ルールで年収の3分の1や2分の1としている銀行もあるようです。総量規制の対象外であっても、銀行からの借入れをする方が審査が厳しい傾向にあります。

総量規制の範囲内なら上限額まで借りられますか。

必ずしも総量規制の上限まで借りられるというわけではありません。

総量規制の範囲内であっても、年収の3分の1までの金額であれば必ず借りられるというわけではありません。総量規制に加えて、それぞれのサービス提供元によって独自の審査ルールなどがあるため、総量規制の上限額までは借りられないこともあると理解しておきましょう。

関連記事はこちら

まとめ

今回は、カードローンやキャッシングの総量規制についてご説明しました。総量規制の目的は、利用者の過剰な借入れを制限し、多重債務の問題を抑制することです。
総量規制の対象か対象外かに関わらず、カードローンをご利用の際には無理のないお借入れを心がけましょう。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。