ローンとは?いまさら聞けないクレジットとローンの違い

現金の持ち合わせがない時にクレジットカードで支払ったり、高額な品物を購入する際にローンを組む方は多いでしょう。
そもそもローンと何なのでしょうか。この記事では、ローンとクレジットの違いやローン利用のメリット、ローンの種類、選ぶ際の注意点について噛み砕いてわかりやすくお伝えします。

ローンとは?いまさら聞けないクレジットとローンの違い

ローンの意味、ローンとは何かを教えてください。

金融機関(会社)が提供するお金を融資する商品、サービスのことです。

ローンとは、「何かを貸す」という意味です。これは貸す側からの視点によるもので、銀行やその他の金融機関(会社)がお客様にお金を融資する商品、サービスのことをローンと言います。
私たちは日々の暮らしにおいて、自分の収入で必要なものを購入したり、将来の為に貯蓄をしています。いつでも貯蓄で賄えればよいのですが、そうはいかない場合もあります。
結婚などの冠婚葬祭や出産、マイホームの購入、子どもの教育などのあげたらキリがないライフイベント、それらは高額な費用がかかり、蓄えたお金だけでは不足する場合や、間に合わない場合もあります。
そんな時、金融機関(会社)が提供するローンを利用し、必要なお金を借りて支払い、その後毎月少しずつ返済するという方法があります。
またローンは突然の出費で急にお金が必要になる場合などにも使われます。

ローンとクレジットの違いを教えてください。

ローンはお金を融資するサービスで、クレジットは商品やサービスの代金を立て替えるサービスです。

クレジットとは、元来「信用」を意味するものであり、「他者がその人を信用して、商品やサービス代金を代わりに支払うこと」を意味します。クレジットカードでの支払いはその最たるもので、商品お支払い代金をカード発行元の会社が「立て替えて」先に支払ってくれるということなのです(一定の条件のもと、信用された当事者はその支払いを後で行います)。
この一定の条件の1つとして、クレジットカードにはショッピングのご利用限度額(わかりやすく言うと、「あなたのことをいくらまで返してくれると信用しますよ」)というものが設定されており、その限度額の範囲内で商品を購入したりサービスの提供を受け、その支払いは後で行うことになります。支払いについては翌月まとめて支払う場合や毎月の分割で支払う場合があります。
それに対して、ローンは立替ではありません。利用者に対しお金を「融資する」サービスです。お支払い(ご返済)については、一括して全額をお支払いすることもできますが、基本的に毎月の分割払いになります。
融資のみが利用できるカードがあり、それらのサービスはカードローンと呼ばれています。
また、住宅ローンやマイカーローンといった目的別ローンなどは、手元にお金がなくても後払いで目的を達成できるという点でクレジットと似ていますが、あくまでも融資を受けて後でその支払い(返済)を行うことになるので、クレジットとは異なります。

ローンを利用するメリットは何ですか?

貯蓄以上の高額商品購入が可能になることです。

ローンを利用することによって得られる一般的なメリットは、「本来なら、お金がないと買えないはずのものが、すぐにでも手に入る」ことです。
住宅や車などの高額なものを購入する場合には、ローンを上手に利用することで、私たちは比較的早い時期に夢を実現することが可能になります。
また、高額商品購入だけでなく、不意の出費が発生した時、手持ちの所持金では足りない場合にカードローンで融資を受ければ、補てんすることができるのもメリットの一つと言えます。

ローンにはどんな種類がありますか?

住宅ローン、マイカーローン、教育ローン、カードローンなどがあります。

ローンと一言で言っても資金の使用目的が決まっている様々な目的型ローンがあります。お馴染みなのは住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどでしょう。
住宅ローンは家やマンションの購入、マイカーローンは自動車の購入、教育ローンは子供の高校や大学、専門学校への進学による学費に利用されるものです。
これらの他に、事業資金としての利用を目的とするビジネスローン、土地や建物、マンション不動産を担保にして融資を受ける不動産担保ローンなどもあります。
また、使途を特定しないフリーローン、カードローンや複数の借入をひとつにまとめるおまとめローンもというものもあります。
一概には言い切れませんが、ローンによって利用に際しての条件等がそれぞれ異なります。それをまとめると以下の表のようになります。

住宅ローン マイカー
ローン
教育ローン カードローン ビジネス
ローン
不動産
担保ローン
使途 住宅購入 自動車購入 学費 自由 事業資金 自由
貸付元 銀行・公庫 銀行・信販 銀行 銀行・
ノンバンク
銀行・
ノンバンク
銀行・
ノンバンク
保証人・担保 必要 要or不要 要or不要 共に不要 要代表者保証 要担保
金利 低~高 低~高 低~中
審査 厳しい 厳しい 厳しい 比較的優しい 厳しい 厳しい

担保や保証人、審査や利用までのお手続き等を考慮すると、カードローンは敷居が低く比較的利用しやすいと言えるのではないでしょうか。

関連記事はこちら

各種ローンはどんな会社で取扱いをしてますか?

高額なローン商品は主に銀行、その他はノンバンクでも取り扱っています。

住宅ローンは、やはり銀行でのお取扱いが多く、近年は店舗を持たないネット銀行の台頭が目立っています。
また、住宅金融支援機構という独立行政法人では直接融資をするだけでなく、民間の金融機関での融資を支援する取組みを行っています。
マイカーローンは銀行だけでなく、信販会社や銀行系の貸金業者、消費者金融会社等でも取り扱っています。
ビジネスローンは銀行と事業者専用金融会社が、不動産担保ローンは銀行と不動産専門金融会社が主ですが、消費者金融会社でも取り扱われることがあります。
その他のローンは、金融業界の垣根が低くなっていることもあり、信販会社や消費者金融会社を含むノンバンクでも提供されていることがあります。

さらに詳しく知りたい方はこちら

クレジットカードとカードローンの違いを教えてください。

使える機能が異なります。それ以外に…

ほとんどのクレジットカードには、買い物で使える「ショッピング枠」以外にお金を借りることができる「キャッシング枠」が設定されています。つまりクレジットカードは、1枚でクレジットとローン両方の機能を利用できるということです。
ちなみにクレジットカード会社は、ショッピング時にクレジットカードを使ってもらうことで、カード決済手数料を加盟店から徴収する仕組みを採用しています。
2つの機能を備えたクレジットカードの方が魅力的に見えますが、カードローン利用のメリットもあります。年会費がかかるクレジットカードがあるのに対してカードローンは殆どが年会費無料です。
また利用可能額については、クレジットカードのキャッシング枠より、カードローンの限度額の方が大きいことが多いのです。クレジットカードのキャッシングの限度額は、概ね50万円なのに対し、カードローンは限度額が100万円を超えるものもあり、銀行のカードローンは限度額が500万円を超えるものもあります。
それだけでなく利率については一般的にクレジットカードよりカードローンの方が低くなっています。クレジットカードの利率は概ね15.0~18.0%ですが、カードローンは利率が低いものもあり、2.0~18.0%となっています。
以上を踏まえると、ショッピングではクレジットカードを利用し、融資を受けたりキャッシングが必要な場合は、カードローンを利用するというのが賢い方法と言えるかもしれません。

クレジットカード カードローン
年会費 有料or無料 無料
申込条件
  • ・18歳以上の方
  • ・本人または配偶者に安定した収入のある方
    (一部カードは学生を含む)
  • ・20歳以上の方
  • ・安定した収入のある方
ショッピング 利用可能 利用不可
キャッシング 利用可能 利用可能
キャッシング限度額 ~50万円 ~数百万円
キャッシング金利 15.0~18.0% 2.0~18.0%

関連記事はこちら

同じ種類のローンの場合、会社ごとにどんな違いがありますか?

保証人や担保の有無、審査通過の難易度、契約時の金利や貸付可能額が異なることがあります。

マイカーローンを例に取り上げてみましょう。
マイカーローンは銀行と信販会社での取扱いが主になっています。車は販売店(ディーラー)で購入することが多いと思います。
そのディーラーで契約するローンのことをディーラーローンと呼びますが、ディーラーは信販会社の代理店になっており、ディーラーローンを契約するということは、信販会社のマイカーローンを利用することなのです。
それではこの2者間の違いは何でしょう。
まず1つ目は担保です。ディーラーローン(信販会社)を利用し購入した場合、完済するまでは車両が担保となり、所有権はディーラー若しくは信販会社にあります。これを所有権留保と言います。この場合、完済するまでは自分の車ではなく、完済して初めて自分のものとなるのです。
2つ目は金利です。およそですが銀行の2.0~3.0%に対して、ディーラーは4.0~8.0%となっており、信販会社の方が若干高くなっています。
3つ目は契約までの手間と審査通過の難易度です。ディーラーローンは、販売店でそのまま申込から契約まででき銀行よりスムーズに契約できると言えます。またディーラーローンの方が審査に通過しやすいとも言われています。
その他のローンについても同様にサービスを提供する業者によってメリットとデメリットがあるので、どのローンを利用する場合でも選択肢がある場合は、ご自分の事情や志向に合わせて決められるとよいでしょう。

ローンを選ぶ際に気を付けるポイントを教えてください。

目的に合ったローンの選択、借入条件の確認、返済の可否判断が重要です。

最も重要なのは、目的に合ったローンを選択することでしょう。住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの目的別のローンを選択できるのであれば、使途の制限がないカードローンより低金利で融資が受けられますし、高額の融資を受けられるというメリットがあります。
それに対して、借入額や金利よりも融資までのスピードや審査通過を優先させたい場合などは、カードローンを選択するのが有意義でしょう。
利用したいローンのタイプが決まったら、各金融機関(会社)毎の貸付条件の確認をしましょう。ご自分がその会社の条件をクリアしているか、年齢、収入、保証・担保の有無、本人確認書類や所得証明(収入証明書など)提出の有無などです。
次は各社の契約条件の確認です。申込方法、契約方式、契約利率、融資方法、返済方法、返済額、返済回数など。いくら借りて毎月いくらずつ返済し、いつ完済できるのか、完済したらそれで契約は終了するのか、反復継続して利用できるのかを確認し、できるだけ有利で利便性の高い会社のローンを選びましょう。
念の為に確認しておくとよいのは、その会社が正規の登録業者かどうかです。例えば消費者金融であれば、貸金業者としての登録番号を取得しています。金融庁のサイトで登録貸金業者情報を検索できるのでそれを利用するとよいでしょう。
ちなみにベルーナノーティスは㈱サンステージとして登録しています。
そしていざ実際に申込みをする際は、同時に多くの会社に申し込まないことです。申込みをするとその申込歴が信用情報機関に6カ月間登録されるので、多数の申込歴を見た金融業者は資金の困窮や詐欺申込を疑い、審査が通りにくくなる可能性もあるからです。

まとめ

ローンとは何か、また、ローンとクレジットの違い、ローン利用のメリット、ローンの種類等についてお伝えしました。ローンについて少し理解を深めていただけたのではないでしょうか。
ローンの種類と実際に申込みをする際の注意点もお伝えしましたので、今後ローンの利用をご検討の際は、ぜひ参考にしてみてください。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。