フリーローンとカードローンの違いとは?金利などお得な選び方

フリーローンとは、言い換えれば自由なローンということになりますが、何が自由なのでしょう。いくらでも自由に借りられるということでしょうか、それとも返済はいつでも自由ということなのでしょうか。カードローンとは、カードでATMから引き出して利用するローンだということは想像がつきます。
カードローンとフリーローンの特徴や違い、どちらが低い金利なのか、どちらを選ぶべきなのかをこちらの記事でお伝えします。

フリーローンとカードローンの違いとは?金利などお得な選び方

フリーローンとは何ですか?

使い道が決まっていないのがフリーローン、決まっているのが目的ローンです。

フリーローンとは、読んで字のごとく使い道が自由なローンです。もう少し噛み砕くと、利用目的を特定することなくお金を借りられるサービスのことです。
借入額や返済金額、返済回数や返済期日が自由ということではありません。
一方、フリーローンとは異なり、使用用途の決まっているローンもあります。これを目的ローンといい、住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなどがあります。これらのローンを利用するときは、それぞれ住宅や車の購入、学費のために借りるという具体的な目的があります。そして利用する際には基本的に使い道を証明する書類の提出が必要になります。
それに対してフリーローンは、利用する(お金を借りる)際の使い道が自由であるということです。これが目的ローンとの最も大きな違いです。
フリーローンは、基本的に使い道が自由ではあるのですが、原則として申込時に目的を申告する必要があります。またいくら自由とは言っても制限もあり、事業資金や投資目的での利用は不可となっています。
ちなみに使い道が自由なローンとしては、フリーローンの他にカードローンがあります。

フリーローンの特徴を教えてください。

借入れが一回のみで借入後は完済まで返済のみを行うという特徴があります。

フリーローンは使い道が自由であること、目的を特定しなくてもお金を借りることができるのがフリーローンだと説明しましたが、それ以外にもフリーローンならではの特徴があります。
フリーローンには担保が必要なものと不要なものがあります。基本的に担保不要で利用できますが、担保有りの方が大きな金額を低金利で借りることができます。
そして、フリーローンは銀行で取り扱っているケースが多く、同様に使い道が自由で担保が不要なローンであるカードローンやキャッシングよりも低い金利が設定されているケースが多くなっています。
その他で最も特徴的なのは借入回数です。フリーローンは一度の契約につき1回しか借りられません。つまり一度利用すると追加で融資を受けることはできず、完済まで返済のみを続けることになります。追加若しくは再度融資を受ける場合は改めて審査を行い、融資額や返済額、返済日や返済回数について別途契約する必要があるのです。
これはフリーローンが「証書貸付」と呼ばれる融資形態にあたるからです。証書貸付とは、事前に借入額や返済の計画を記した証書を提出することで受けられる融資のことです。それにより利用の際は手続きに時間がかかるという特徴もあります。

カードローンとフリーローンの違いはなんですか?

金利、借入回数、管理のしやすさなどが違います。

使い道が自由なカードローンとフリーローンですが、このふたつのローンを比較すると以下のような違いがあります。
まずは金利です。扱っている金融機関や借入額、取引実績などの細かい条件によっても変わるので、一概に言えるものではありませんが、フリーローンの方がカードローンに比べ低い金利が設定されていることが多いようです。ちなみにフリーローンは銀行で取り扱われることが多く、カードローンは銀行以外に信販会社、クレジット会社、消費者金融会社など多くの事業者で取り扱われています。
そして、借入回数にも違いがあります。フリーローンは先にお伝えした通り、一度の契約で1回限り融資が行われ、完済まで返済のみ行うことになります。再度利用する際は改めて審査を受け、別途契約をする必要があるのです。
それに対して、カードローンは契約の際に利用限度額が設定され、たとえ前回利用分の返済中でもその利用限度額の範囲内で反復継続して借入れをすることができます。また、完済してもその限度額の範囲内で利用することが可能です。
これにより返済回数や管理のしやすさに違いが出てきます。カードローンは繰り返し利用できることで借入残高や残りの返済金回数が把握しにくくなるという一面があります。
それに対してフリーローンは一度借りたらその後は返済のみを行うので、融資残高や残りの返済回数など管理し易いという見方もできます。

カードローン フリーローン
使い道 基本的に自由 基本的に自由だが、原則として利用時に使い道の申告が必要
提供元 銀行、信販会社
消費者金融会社など
主に銀行
金利 比較的高い 比較的低い
借入回数 限度額内で繰り返し利用可 1回のみ
追加で利用する際は、
完済後に再度審査が必要
審査までのスピード 比較的早い 比較的遅い
管理のしやすさ 比較的難しい 比較的易しい

フリーローンとカードローンで低金利なのはどちらですか?その相場は?

フリーローンの方が低く設定されていることが多いようです。

扱っている金融機関や借入金額などの条件によって金利は変わるので一概には言えませんが、フリーローンの方がカードローンと比較すると低い金利が設定されていることが多いようです。カードローンの上限金利は概ね15.0~18.0%が相場ですが、フリーローンは扱っている金融機関や条件によって適用金利が幅広いので、事前にリサーチしておくとよいでしょう。

関連記事はこちら

フリーローンがおすすめなケースを教えてください。

利用額等の予定が決まっていて、その後追加で利用しないときにおすすめです。

フリーローンは、比較的低金利ですが、利用までに多少時間や手間がかかり、1回だけ借入れが可能で追加の利用はできません。これらの特徴を考慮すると、フリーローンは30万円、50万円、100万円など必要な金額が予め分かっており、借入後は追加で借入れする必要がないケースにおすすめと言えるでしょう。
フリーローンの利用をおすすめするケースを具体的にあげるとすれば、家族での旅行や引越の費用、高額商品の購入での利用です。旅行や引越は予め日程や代金が決まっており、代金支払い後に更にお金が必要になることはありません。
また、カードローンからフリーローンへの借り換えで利用するのも有意義でしょう。既にカードローンを利用しており、そのカードローンより低い金利のフリーローンに借り換えれば、それ以降の返済総額を抑えることができるからです。
ローンを提供している金融機関のサイトには借入後の返済のシミュレーションができるものが多いので、そちらで借入額や金利、返済金額や返済回数を入力することで返済総額等の確認をし、借換前と後の比較をするのが有意義ではないでしょうか。

フリーローンよりもカードローンがおすすめなケースを教えてください。

急いでいるときにおすすめです。

カードローンは、申込みから借入れまでのスピードが早い傾向があります。即日融資可能と謳っている消費者金融もあります。ですので、できるだけ早く融資を受けたい場合はフリーローンよりもカードローンの利用がおすすめです。
またカードローンは、ご利用限度額の範囲内で反復継続して融資を受けることができるので、急な出費等で生活費が不足した際に補てんしたり、買い物や交際費等で利用するのがおすすめです。
先にカードローンは、申込みから借入れまでのスピードが早いとお伝えしましたが、事前に契約しカードを持ち、必要になった時にカードで必要な額をATMから引き出すというのが賢い利用法ではないでしょうか。

フリーローンとカードローンで申込みの流れや必要書類に違いはありますか?

この二つのローンに大きな違いはありませんが、提供元によっては違うことがあります。

申込方法は、フリーローン、カードローンともに電話や郵送での取り扱いもありますが、現在はインターネットが主流になっています。来店することなく申込みから必要書類の提出までをネットを介して行います。そして申込後には電話で本人確認が行われる場合もあります。
融資の方法については、銀行のフリーローンの場合、本人名義の口座に振り込まれます。一方カードローンは、発行されたカードを使って提携ATMで引き出す方法が主になりますが、業者によっては指定の銀行口座に振り込まれるものもあります。
書類についてはフリーローン、カードローンともに健康保険証や運転免許証のコピーなどの本人確認書類が必要です。また銀行以外の貸金業者が提供するカードローンにおいては、1社で50万円超の借入れをする場合と複数社での借入合計額が100万円を超えるような場合は、給与明細や源泉徴収票、確定申告書などの収入証明が必要になります。
そのケース以外は提出が必要ではないのかというと必ずしもそうではなく、業者によっては提出を求められることもあります。また銀行のフリーローンも銀行によっては収入証明書の提出を求められることがあります。
フリーローンとカードローンとでは大きな違いはありませんが、提供する業者によって違ってくると言えるでしょう。
高額の融資を受けられる不動産担保型のフリーローンというものもありますが、こちらは不動産資料の提出が必要になります。

ベルーナノーティスのカードローンのおすすめポイントを教えてください。

3つの大きなおすすめポイントがあります。

  1. ①即日審査の融資スピード

    インターネットで申込みができ、Webサイトではお試しの仮審査を3秒で行えるサービスを提供しています。また申込みから最短30分以内の審査、最短24時間以内の融資も可能になっています。
  1. ②14日間無利息サービス

    新規利用時は14日間が無利息となり、魅力的なのは、新規時だけでなく完済後再利用時に経過期間等の条件を満たせば再度14日間の無利息が適用されることです。この完済後14日間無利息は、条件を満たせば繰り返し適用されます。これはベルーナノーティスカードローンの大きな魅力の一つでしょう。
  1. ③カード利用手数料無料

    メイプルカードというカードを発行しており、提携銀行、コンビニATMで現金を引き出すことができますが、この際の手数料が無料となっています。コンビニATM利用時の手数料が無料というのは、他にはあまりないサービスなのでこれも大きな魅力です。
    また、カード紛失時等は再発行をすることになりますが、その手数料も無料となっています。

カードローンを利用の際は、ベルーナノーティスカードローンへのお申込みを検討されてはいかがでしょうか。

まとめ

フリーローンとは何か、フリーローンとカードローンの特徴と違い、それぞれどのようなシーンで利用するのが相応しいのかについてお伝えしました。この2つのローンについて理解を深めていただけたと思います。
今後目的を特定しないローンのご利用の際は、ぜひこの記事の内容を参考に、申込先を比較の上ご検討ください。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。