カードローンやキャッシングの審査で見られている3つの共通点

カードローンやキャッシングの利用にあたっては審査があり、審査に通るのか、希望通りの金額で借りられるのか不安という方も沢山いると思います。
カードローンの審査基準は会社ごとに定められており、審査に通る条件や通らない場合の理由も様々なのですが、審査時のチェックポイントやカードローンの審査に通りやすいケースなどの共通点は存在します。
ここではカードローンやキャッシングの審査で何が見られているのかをご説明しますので、今後のお申込みに是非お役立てください。

カードローンやキャッシングの審査で見られている3つの共通点

そもそもカードローンやキャッシングの審査とは何ですか?なぜ審査が必要なのですか?

カードローンやキャッシングにおける審査とは、主に返済能力を調査することを言います。

他社での借入れや返済状況などの信用情報、収支のバランスや属性情報と呼ばれる情報を元に利用者の返済能力を調査し、融資するか否か、いくら融資するのかを判断することが、カードローンやキャッシングの審査です。
カードローンやキャッシングなどお金を融資する会社は、貸したお金がきちんと返ってこないと利益になりません。どんな人にでも融資ができるというわけではなく、きちんと返済ができる見込みのある人を見極めるために審査が必要なのです。

カードローン会社によって審査に通りやすいなどの違いはありますか?

会社によって審査基準が異なるため、違いはあります。

カードローン会社によって細かい審査基準は異なります。そのため、カードローンの申込者が同じでも、A社の審査には通らない場合と、B社の審査には通るという場合もあり得るのです。
一般的に銀行系カードローンの審査基準は、上限金利を低く設定している分ノンバンク(消費者金融など)より審査が厳しい傾向があります。低い金利で融資を行うということは、カードローン会社にとって利益が少なくなってしまうため、より返済の見込みが高い人を見極める必要があるからです。銀行のカードローンに比べてノンバンクの方が審査が甘いと感じることがあるのは、こうした審査基準の違いによるものです。
また、最近ではAIが利用者の申告した情報を元に審査可否や限度額を決定するAIスコアリングと呼ばれるシステムを導入しているカードローン会社もあります。申告の内容には趣味や休日の過ごし方など、アンケートの様に答えていく内容もあり、利用者の生活スタイルや環境など、どんな人物像なのかということも審査の基準に含まれるケースもあります。審査をするにあたって情報量の違いや、人と機械のどちらが審査をするのか、人がどこまで審査をするのかによっても審査結果が変わる可能性があるのです。

審査に通りやすいカードローン会社を探す際に「審査なし」「ブラックでも可」と謳っているような会社を見つけるかもしれません。しかし、そういった会社は違法な利率を請求されるなど違法業者の可能性が高く、トラブルになる危険性があるため絶対に利用しないように気を付けましょう。

関連記事はこちら

カードローンやキャッシングの審査の共通点を教えてください。

一般的な審査の共通点は以下の3つです。

  1. ①信用情報

    信用情報とは、クレジットカードやローンなどの借入れや返済、申込みなど契約に関する情報やその履歴のことです。カードローン会社は審査の際に信用情報機関に信用情報を照会して審査を行います。信用情報では、過去の延滞歴や債務整理、破産などの事故情報(いわゆるブラックリスト)や、過去に借りたお金をきちんと完済したか、毎月遅れずに返済をしているかなどの借入れに関する情報が分かるのです。
  2. ②収支のバランス

    いくら信用情報に問題がなかったからと言っても希望通り審査が通るという訳ではありません。利用者の収支のバランスがとれているかどうかも審査の重要なポイントとなります。例えば、判断基準の一つとして総量規制という貸金業法の定めがあります。これは貸金業者からの借入れは年収の3分の1を超えてはならないという決まりで、法的に利用者の借り過ぎを防いでいます。その他にも、クレジットカードの利用金額が著しく多くないか、銀行などの借入れがあまりにも多くないかなど、利用者のトータルの収支のバランスをチェックしています。収支のバランスが悪いと見られてしまうと、信用情報に問題がなくても審査に通らない可能性があるのです。
  3. ③本人属性情報

    本人属性情報とは、居住環境や勤務関係を含む本人に関する情報のことを言います。
    以下が一般的にカードローンやキャッシングの審査に求められる属性情報です。
    • ・氏名
    • ・生年月日
    • ・性別
    • ・居住年数/居住形態
    • ・勤務先/職業
    • ・雇用形態
    • ・勤続年数
    • ・家族構成など

属性情報が審査にどのような影響をもたらすかというと、例えば、自己名義の持ち家があったりすると高額なローンの契約が結べる利用者とみなされ、良い評価になる傾向があります。また、一つの場所での居住年数が浅く、住所が転々としたりしていると環境が安定しないということでマイナス評価に繋がるケースもあります。勤続年数が極端に浅い場合も、収入が安定しないと思われてしまうためマイナス評価に見られる要因となります。
上記の属性情報以外にも、例えばベルーナノーティスでは女性のお客様からのお申込みも多い為、旧姓もお伺いさせていただいています。
カードローン会社ごとで異なる年齢制限は申込み前の段階で知ることができるので、カードローン会社の貸付条件で事前に把握しておくとスムーズに申込みができるでしょう。

さらに詳しく知りたい方はこちら

カードローンの審査に通らない理由として考えられることは何ですか?

信用情報に傷がついていると審査に通らない可能性が高くなります。

なぜ審査に通らないのかという具体的な理由は、カードローン会社ごとの審査基準に基づいた結果であるため分かりません。ですが、信用情報に傷がついている場合、カードローンの審査に通らないケースは多いでしょう。具体的には、前述した事故情報が信用情報に登録されている場合です。また、カードローンやキャッシング、クレジットカードの利用において、頻繁に支払いの遅れがあると審査に通りにくくなるでしょう。
もちろん1日、2日返済が遅れてしまったので審査に通らないというわけではありません。延滞が原因の事故情報は長期間(60日または3ヶ月)延滞が続くと登録されます。
その他にも、政府が刊行している官報情報に自己破産や個人再生情報が記載されていると審査に通らない可能性が高くなります。電話の使用歴も審査で確認されることがあり、直近まで電話が不使用や使用不可だった場合も審査に通りにくくなる要因の一つです。
いずれにしても、延滞や環境の不安定さ等のマイナス要素が重なると審査に通りにくくなっていきます。

カードローンの審査に通るためのポイントを教えてください。

審査に通るためのポイントは主に2点あります。

  1. ①申告事項は正確に、誠実に

    申告事項はなるべく正確に誠実に、虚偽の申告をせず答えることを心掛けましょう。例えば他社借入額の申告があまりに事実と異なる場合は、借入れした後の管理能力を疑われるかもしれません。その他の事項でも、虚偽の申告が判明した場合には不誠実な人だと判断されるかもしれません。カードローンやキャッシングは信用貸しであることを念頭に置いて、誠実な申告を心掛けましょう。
  2. ②延滞をしない

    支払いの遅れがあると、審査に通りにくくなると思っておいた方がいいでしょう。カードローンはあくまでも返済が戻ってくる人に貸付けを行うので、既に支払いがルーズな人を信用しにくいのは頷けますね。また信用情報ではカードローンの延滞に限らず、携帯電話料金の支払いやクレジットカードの支払いについても分かるため、カードローンだけ延滞していなければいいというわけではありません。新たにカードローンを利用しようと思ったときに、過去の延滞が原因で審査に通らないということがないよう、日頃から各支払いの管理をきちんと行うようにしましょう。

関連記事はこちら

カードローンやキャッシングの審査時に必要な書類は何ですか?

本人確認書類と、場合によっては収入証明書が必要になります。

一般的にカードローンを申込む際に必要な書類は本人確認書類です。申込者本人の氏名、生年月日、現住所が記載されている本人確認書類が必要となります。
以下が本人確認書類の例です。

  • ・運転免許証(運転経歴証明書)
  • ・健康保険証
  • ・在留カード
  • ・マイナンバーカード
  • ・パスポート
  • ・住民票

貸金業者への申込みの場合、貸金業者からの総借入金額が100万円を超える場合か、1社からの借入れ金額が50万円を超える場合に収入証明書が必要になります。
以下が収入証明書の例です。

  • ・源泉徴収票
  • ・給与明細書
  • ・所得証明書
  • ・年金証書/年金通知書
  • ・市民税・県民税額決定通知書
  • ・確定申告書/青色申告決算書/収支内訳書
  • ・支払調書
  • ・納税通知書

審査の時間はどのくらいかかりますか?

早い会社では最短30分で審査結果が分かります。

審査スピードはカードローン会社によって異なります。その中でも消費者金融系のカードローンは銀行系のカードローンに比べると比較的審査スピードは早いです。もし急ぎの場合は、申込みの前に少ない項目でお試し審査を行っている会社もあるため、そちらを利用してみるのもいいかもしれません。
ベルーナノーティスのカードローンなら、最短30分で審査結果の回答が可能です。
※申込みの時間帯と申込み状況により時間を要する場合があります。

まとめ

今回はカードローンやキャッシングの審査についてご説明しました。カードローンやキャッシングは信用貸しですので、審査は返済能力や収支のバランス以外にも様々な点で信用を見られていることがご理解いただけたのではないでしょうか。また、審査結果が気になる場合は事前にお試し審査ができる会社もありますので、お申込み前に活用してみてください。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。