カードローンとは、貸金業者や金融機関が提供する個人向けの融資サービスです。
ベルーナノーティスは、35年以上の経験と実績を持つ通信販売ベルーナ(プライム市場上場)グループのカードローンです。

× 閉じる

虫歯があるのに歯医者の治療費が払えないときの対処法とは?

今回は、「虫歯ができたけれど歯医者の治療費を払えない」「歯がボロボロになってもお金がないので歯医者に行けない」といったお悩みをお持ちの方のために、歯医者の費用はいくら持っていくと良いのか、費用が払えなくなった場合にはどうすべきかなどの対処方法を詳しくお伝えしてまいります。

虫歯があるのに歯医者の治療費が払えないときの対処法とは?

虫歯治療費の相場とは、どれくらいですか?

虫歯治療費は、病状の進行度合いや治療方法によって変わってきます。

・初期 1,500円〜3,000円(3割負担)

虫歯の症状の初期とは、歯の最も表面にあるエナメル質が溶かされてしまった状態のことを指します。
このような段階では、強い痛みなどはまだ出ることはなく、虫歯の患部を削って詰め物(レジン)をする必要があります。
治療にかかる期間は短く、およそ1日で1つの歯にできた虫歯は治すことができます。

・中期 2,000円〜10,000円(3割負担)

歯には、白いエナメル質の下層に象牙質と呼ばれる層が見られます。
虫歯の中期の段階では、象牙質の部分まで侵食している状態となります。
象牙質のさらに下層には神経が通っているので、神経の近くまで虫歯が到達していると沁みるケースもあります。
治療方法としては、まずは虫歯の患部を削り、歯を型取りして銀の詰め物か、自費診療の白い詰め物をする必要が出てきます。
治療期間については、1つの虫歯に対して最低でも2回は通院しなければなりません。

・末期 7,000円〜20,000円(3割負担)

末期の段階の虫歯になると、象牙質の奥にある神経部分にまで症状が出てしまったり、歯の上部が完全になくなってしまったりするケースが見られます。
神経にまで虫歯が達するとひどい痛みが出る場合があり、治療するには神経を取り除いて土台を作った上で被せ物をする必要があります。
その場合は神経を取り除いた後の歯の根を清掃する必要があるので、来院回数もかなりかかることになります。
歯の上部が完全になくなった虫歯では神経も壊死してしまうので、痛みも感じなくなる一方で患部が感染源になって様々な合併症を起こす危険があります。
そのため、虫歯を抜いて入れ歯・ブリッジ・インプラントなどで埋める処置が必要です。入れ歯とブリッジは保険診療も可能ですが、インプラントは自費診療のみとなります。

・費用が病院によって異なる理由

虫歯の治療では、保険診療と保険対象外の自費診療を組み合わせて治療する混合診療が認められています。
また、虫歯の治療費については、歯形を取る際に使用する材料、歯科技工士が入れ歯・差し歯を作る期間などによっても変わってきます。
さらに、自費診療は歯科医が独自に価格設定を行うことができるため、結果的に虫歯の治療費は病院によって異なってくるのです。

虫歯の進行度が末期の場合に付随して発生する費用の相場はどれくらい?

抜歯、部分入れ歯、総入れ歯、インプラント、歯周病によって変わります。

・抜歯

抜歯とは、歯を抜き取る治療方法のことを意味しています。
通常の抜歯の場合は、薬代なども含めて保険診療で費用相場1,100円〜2,200円程度となっています。
なお、虫歯とは違いますが親知らずの抜歯の場合は費用相場が8,800円程度とされています。

・部分入れ歯

部分入れ歯とは、歯の欠けてしまった部分のみに入れ歯を入れ、周囲の残っている歯に金属のフックをかけて固定する治療方法です。
部分入れ歯の治療では、保険診療の1割負担で1,200円〜2,500円程度、3割負担で3,600円〜7,500円程度が費用相場とされています。

・総入れ歯

総入れ歯とは、フルデンチャーと呼ばれる治療方法で、上下のどちらかの顎に自分の歯が全くない場合に用いられる治療方法です。
保険診療の1割負担で3,000円程度、3割負担で9,000円程度が費用相場とされています。

・インプラント

インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨に人工的な歯根を植え込むことで治療を行う方法を意味しています。
歯科で用いられるインプラントについては、デンタルインプラントとも呼ばれます。
費用相場は自費診療で20万円〜40万円程度とされています。
治療後の仕上がりにこだわる場合には1本あたり10万円〜50万円程度の高額なインプラントもあります。

・歯周病

歯周病とは、歯茎の隙間にある歯周ポケットと呼ばれる部位から細菌が侵入し、歯肉を炎症させて最終的には歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。
歯周病と虫歯は厳密には違う病気ですが、連動して起こるケースもあります。
治療にかかる費用相場は、初期症状の保険診療で5,000円〜10,000円程度、中期で10,000円〜50,000円程度、末期で30,000円〜100,000円程度とされています。

治療費の決定要因とは何がありますか?

虫歯の進行度、用いる素材、保険適応か否か、経過期間などで変わります。

・虫歯の進行度

  • - 詰め物

    治療費の決定要因として、まず挙げられるのが詰め物です。虫歯の初期症状の治療では、詰め物をするだけで済むケースが多くなっています。
    詰め物は主にレジンと呼ばれる無機質の微粒子から構成される硬い材料が入ったプラスチックで作られています。

  • - 神経の治療

    虫歯の症状が中期以降にまで及び、象牙質と呼ばれる層から更に神経にまで症状が到達している場合、神経の治療が必要となります。
    虫歯が神経に到達していると強い痛みが生じるため、痛みの元となる神経を抜き取る治療を行うケースがあり、これも治療費の決定要因になってきます。

  • - 抜歯および人工歯による補填

    虫歯の症状が末期にまで進んで、神経の奥深くまで症状が及んだり、歯の上部が完全に取れてしまったりした場合には、抜歯を行って人工歯による補填が必要となります。
    人工歯の種類には、前出の通り部分入れ歯、総入れ歯、インプラントなどがあり、症状の進行度合いや患者が望む仕上がりの見栄えなどによって選択することになり、これらが治療費の決定要因になります。

・虫歯の詰め物や被せ物の素材

  • - 保険診療の銀歯

    銀歯とは、保険診療を受ける場合に用いられる虫歯の詰め物の代表的な種類です。
    銀歯であれば、保険適用されるため治療費が安く済むケースが多いメリットがあります。
    一方で、見栄えが悪かったり、金属アレルギーを発症したりするデメリットがある点には留意する必要があるでしょう。

  • - 自費診療の白い歯

    「銀歯では見栄えが悪いので白い歯にしたい」といった場合には、自費診療の白い歯にする選択肢もあります。
    選ぶことのできる素材としてはセラミックやジルコニアなどがあり、銀歯と比べて自然な歯の印象を得ることができます。
    一方で、虫歯の治療費の決定要因としては、自費診療となることもあり、高額な費用となる選択肢でもあることには留意しておく必要があるでしょう。

・保険適用可能かどうか

虫歯の治療費の決定要因として、大きな分岐点となる要因に保険適応可能かどうかが挙げられます。
保険診療によって保険適応が行われた場合、患者が支払う治療費は3割以内(75歳以上は1割以内)に抑えられるため、安価な価格で虫歯の治療を受けることができます。
一方、自費診療で保険適応外となった場合には、高額な治療費が必要となるケースがあります。

・前回の受診からの経過期間

前回の虫歯治療の受診から長期にわたる経過期間が過ぎてしまうと、せっかく治癒に向かっていた症状が再び進んでしまい、結果的に治療費が余分にかかる場合もあります。
そのため、虫歯治療を一度始めたら、ご自身の判断で通院を止めることなく治療が終わるまで通い続けるようにすることが、無駄な治療費をかけないコツだと言えるでしょう。

歯医者の治療費が払えない場合の対処法はありますか?

市販薬の利用、医療費控除、デンタルローンやキャッシングなどがあります。

・市販の鎮痛剤などを使用

歯医者でかかる虫歯の治療費が高くて払えない場合には、市販の鎮痛剤などを購入して対処する方法があります。
市販の鎮痛剤であれば、薬局で手軽に購入でき、一時的にある程度の痛みを抑えることができる効果も期待できます。
ただし、市販薬の利用はあくまでも痛みを抑える程度の効果しかなく、虫歯の根本的な治療方法ではないため、そのままにしておくと症状が更に進行してしまい、結果的に更に高額な治療費が必要となってしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

・歯科医に相談

「虫歯を治療するお金がない」といった悩みがある場合には、歯科医に高額な治療費は支払うことができないことを説明した上で、用意できる予算内で行うことが可能な治療方法を提案してもらう方法もあります。
また、治療費の支払いにある程度の猶予を与えてもらえないかを相談することも選択肢としてはあります。
ただし、歯医者も慈善事業ではないため、そのような対応をしてくれるかどうかは歯科医の判断次第です。
治療費の支払い猶予については対応してくれる可能性がそもそも低いことを承知の上で相談するようにしましょう。

・医療費控除を利用

医療費控除を利用すれば、自分や家族の医療費が年間10万円を超える場合、確定申告を行うことで所得税や住民税の減額及び還付を受けることができます。
虫歯治療においては、人工歯による治療、インプラントによる治療、矯正歯科などは医療費控除の対象となります。
なお、病院の通院にかかる費用や、この後にご紹介するデンタルローンの返済費用についても医療費控除の対象となることも覚えておきましょう。
ただし、確定申告では医療費の領収書が必要となるため、治療を受けた際には保管するようにしてください。

・デンタルローンを利用

デンタルローンとは、高額な治療費となりがちな虫歯のインプラント治療などにかかる費用を金融機関に立て替えてもらって支払うことができる方法を意味しています。
住宅ローン、マイカーローンのような各種ローンと同様に金融機関の審査に通れば利用することが可能です。
デンタルローンを利用すれば、手元にまとまったお金がなくても返済能力があれば高額な虫歯治療を受けることができ、支払いも分割で対応することができます。

・キャッシング・カードローンを利用

虫歯の治療費を用意する際に、一時的に費用が不足している場合には、キャッシングカードローンを利用することも選択肢のひとつとして挙げられます。
ただし、キャッシングやカードローンは毎月の支払いが滞らないようにしっかりと返済計画を立てた上で利用するようにしましょう。

カードローンとデンタルローンの違いを教えてください。

借入れの用途が自由か、歯の治療に限定されるかの違いがあります。

・デンタルローンとは

  • - 利用目的

    デンタルローンを利用すれば、虫歯の治療費を補填する目的で金融機関から借入れを受けることができます。
    金融機関の信販会社が患者の代わりに歯科医院に虫歯の治療費を立て替えて支払い、患者は治療費に手数料を加えた金額を分割で毎月返済していきます。

  • - 金利

    デンタルローンの金利は、一般的に年5.0%程度〜15%程度と幅があります。
    基本的には、融資を受ける金額が高額になるほど金利は低くなる傾向が見られます。
    デンタルローンを提供している金融機関によって金利は変わってきますので、利用を決める際には比較検討することが重要です。
    ただし、金利が低いデンタルローンはその分、審査が厳しい傾向があるので注意が必要となります。

  • - 限度額

    デンタルローンの利用できる借入れの限度額はサービスによって異なります。
    数十万円程度から、高額になると数百万円単位の融資を受けることができる場合もあります。
    高額な融資を受けるための条件としては、収入の多さ、信用情報に傷がないことなどが挙げられます。

  • - 融資までの期間

    デンタルローンの融資審査〜融資を受けられるまでは2週間程度かかるケースが多いです。
    そのため、デンタルローンの利用を検討している場合は治療の直前ではなく事前に手続きが必要だといえます。

  • - メリット

    デンタルローンのメリットは、金利が比較的安く済むことが挙げられます。
    また、分割での返済についても基本的に2〜3年程度の猶予があり、長期のプランだと10年程度のものもあります。
    そのため、高額な虫歯治療の費用を一括で支払えない場合でも安心して利用できるメリットがあります。

  • - デメリット

    デンタルローンのデメリットは、利用の使途が虫歯の治療費に限定されていることが挙げられます。
    そのため、融資されたお金を他の使途で利用することはできません。
    また、追加融資が必要となった場合には再審査を受けなければならない点や、必ずしも融資が受けられるかどうかはわからない点もデメリットだと言えるでしょう。

・キャッシング・カードローンとは

  • - 利用目的

    キャッシングやカードローンは、使い道や用途は自由で、一時的にまとまったお金が必要な際に利用することができる「現金を借りることができるサービス」であるといえます。
    キャッシングは手持ちのクレジットカードなどを利用してコンビニや銀行のATMから借入れができるサービスです。
    カードローンは銀行や消費者金融などの金融機関が提供している個人向けの融資サービスのことを指します。

  • - 金利

    キャッシングやカードローンの金利は、年15%〜18%程度が主流となっています。
    一般的に、キャッシングよりもカードローンの方が金利はやや低い傾向にあります。
    また、借入れの限度額が大きくなるほど低金利が設定されます。

  • - 限度額

    キャッシングやカードローンの借入れの限度額はサービスによって異なります。
    キャッシングは年収の3分の1程度、カードローンは500万円~800万円程度が一般的とされています。
    キャッシングやカードローンの限度額は申込者に対して行われる審査によって、個別に上限金額が決定されます。

  • - 融資までの期間

    キャッシングやカードローンは、審査がスピーディに行われるのが特徴であり、条件が揃えば即日〜翌日の融資を受けられる場合もあります。
    そのため、審査に通れば虫歯の治療費が直近で必要になった場合でも対応できる可能性が高いです。

  • - メリット

    キャッシングやカードローンは、利用使途が決まっていないため、虫歯の治療費以外にも借りたお金を活用できるのがメリットです。
    即日〜翌日融資を受けられる場合もあるので、一時的にまとまった金額の虫歯の治療費が必要となった際でも対応できます。

  • - デメリット

    金利が5.0%程度〜15%程度のデンタルローンと比べると、キャッシングやカードローンは15%〜18%と金利が高いのがデメリットだと言えます。

関連記事はこちら

まとめ

今回は、虫歯があるのに歯医者の治療費が払えないときの対処法などを詳しくご紹介してきました。
たとえ、手元にまとまったお金がなくてもデンタルローン、キャッシング、カードローンなどの様々な方法をうまく使うことで虫歯の治療を安心して受けることができます。
ただし、借入れを行う場合には返済目処が立てられるように入念に計画を練った上で利用するようにしましょう。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者 3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して19年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。

ベルーナノーティス
3つのあんしんポイント

Point
1

\3ステップでお借入!/
最短30分審査

お借入は簡単3ステップ

  •  STEP1

    インターネットなら
    最短3分で申込完了!

    お電話でもお申込可能です。

  •  STEP1

    最短30分で
    審査完了!

    審査結果は電話かメールでご連絡。
    インターネットでご契約手続き可能です。

  •  STEP1

    ご利用手数料
    0円!

    提携ATMご利用または振込融資可能!
    カードはご自宅へ郵送いたします。

Point
2

\通信販売でおなじみ/ グループ

  • 安心の
    ベルーナグループ

    ベルーナノーティスは、ベルーナ(プライム
    市場上場)グループのカードローン会社です。

  • 来店不要
    契約完了!

    インターネットとお電話でお手続き可能!
    カードはご自宅へ郵送いたします。

  • 創業35年以上
    カードローン

    1987年に創業してから
    多くのお客様に
    愛され続けています。

Point
3

\はじめてのご利用に限らず/
何度でも利息0円

はじめてのお借入と完済後の再度のお借入が何度でも14日間利息0円。

  • ※お借入の翌日より14日間無利息サービスが適用されます。
  • ※完済後の再度のお借入が、前回の無利息適用のお借入日から3ヶ月経過している場合、無利息サービスが適用されます。
  • ※無利息適用期間終了の翌日から通常金利(実質年率)4.5%~18.0%が適用されます。
  • ※弊社都合により無利息サービスを終了させていただく場合がございます。