カードローンは在籍確認なしで借り入れ可能?会社への電話対応方法も解説

在籍確認の電話はカードローン審査の際に行われます。消費者金融から会社(職場)に在席確認の電話がいくことを不安に思う方も多いと思います。本当に在籍確認の電話が必要なのか、プライバシーはきちんと守られているのかといった疑問もあるでしょう。
今回は、カードローンなどキャッシングの審査における在籍確認の必要性や、会社に来る電話の内容などについて詳しく解説します。

カードローンは在籍確認なしで借り入れ可能?会社への電話対応方法も解説

職場の在籍確認なしのカードローンはありますか?

在籍確認なしで借り入れするのは基本的に難しいです。

カードローンなどのローン会社にとって在籍確認は申込者が申告した勤務に偽りがないか確認するための手段です。
ローン会社が順守する貸金業法でも、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入など返済能力を調査しなければならないと定められています。
申込時の申告だけでは、本当に申込者がその勤務先で収入を得ているかがわかりません。実際に勤務をしているかを確認し、返済能力の有無を判断しています。
また、在籍確認のタイミングはローン会社によって異なりますので、在籍確認が行われたら必ず融資可能になるというわけではありません。

カードローンの在籍確認はどのように行われますか?

基本的には会社に電話を架けることで在籍の有無を確認します。

カードローンの審査時に在籍確認を行う際には、ローン会社から勤務先へ電話が架かってくることが一般的です。その場合、ローン会社は会社名を名乗らずに個人名で電話を架け、申込者がいるかを確認します。
特に銀行系のカードローンにおいては電話で在籍確認が行われる場合が多いようです。
消費者金融などのカードローンでは電話以外の方法での在籍確認が可能な会社も多くあります。ベルーナノーティスのカードローンでも、基本的には電話での在籍確認を行っていますが、不安がある方はご相談にのることも可能です。

在籍確認を電話で行うのはどうしてですか?

審査の際に申込者が申告した会社に在籍しているかを直接確認するためです。

消費者金融などのローン会社にとって、申込者が返済能力のある人であるか否かは審査で確認する重要ポイントの一つです。融資した後に返済がなくなる事態を防ぐため、申込者の収入の安定性を考慮し、融資ができるのかを判断します。
電話の場合ですと申込者本人か勤務先の方に直接確認ができるので、ローン会社としては他の方法よりも事実確認がしやすいというメリットがあります。電話で行う会社が多いのはそのためです。

さらに詳しく知りたい方はこちら

リモート勤務(在宅勤務)で会社の電話にでられない場合どうすれば良いですか?

在籍確認の電話に申込者本人がでられなくても在籍確認は可能です。

出社予定があるのであれば、まずは自分の出社タイミングに合わせて在籍確認の電話をするよう、事前にローン会社に相談しておくのが良いでしょう。
どうしても本人が会社の電話に出ることができない場合は、職場の電話受付担当者に「在籍はしているがリモート勤務のため電話にでられない」と対応するよう伝えておくもの一つの方法です。
最近ではリモート勤務(在宅勤務)により、直接会社の電話にでられないという方も増えてきていると思いますし、そうでなくても仕事の都合によっては電話に出られないことがあると思います。
カードローン会社からの在籍確認の電話に申込者が出られなそうな場合、別の電話受付担当者がどう応対するかがポイントになってきます。

在籍確認の電話内容を具体的に教えて下さい。

在籍確認は以下のように行います。

ローン会社から勤務先へ電話が架かってくる場合には、ローン会社は会社名を名乗らずに個人名で電話を架け、申込者がいるかを聞きます。
ベルーナノーティスの場合も同様で、「ベルーナノーティス」といった会社名やカードローンのお申込みについては一切触れません。

  1. ①申込者が電話に出られる場合

    会社の同僚「はい、A商事です。」

    オペレーター「もしもし、△△(オペレーター個人名)と申しますが、○○さま(申込者)はいらっしゃいますか?」

    会社の同僚「どのようなご用件でしょうか?」

    オペレーター「申し訳ありません、個人的な用件なのですが…。」

    会社の同僚「かしこまりました。少々お待ちください。」

    <取次>

    申込者「お電話代わりました。」

    オペレーター「○○さまご本人様でいらっしゃいますか?」

    申込者「はい、そうです。」

    オペレーター「お世話になっております。ベルーナノーティスの△△でございます。こちらで在籍確認させて頂きました。ご協力ありがとうございました。」

  2. ②申込者が不在の場合

    会社の同僚「はい、A商事です。」

    オペレーター「もしもし、△△(オペレーター個人名)と申しますが、○○さま(申込者)はいらっしゃいますか?」

    会社の同僚「申し訳ありません。○○はただいま席を外しております。ご伝言をお伝えしますか?」

    オペレーター「いえ、私用ですので、かまいません。失礼いたします。」

在籍確認の電話で話す内容も最低限となっていますので、どちらの場合でも数分で終わります。

在籍確認の電話が会社に来たらカードローンだとばれないのでしょうか?

カードローンの在籍確認の電話だと気づかれるリスクはほとんどなしです。

カードローンの在籍確認の電話の際にはプライバシーに十分注意して行われます。先ほど例を挙げたように、ローン会社の名前やカードローンの申込内容についても一切触れません。そのため、気づかれることはほとんどありません。
もし不安な方は、在籍確認の時間指定や呼び出し内容の指定など相談をしてみましょう。ローン会社も申込者の希望に合わせて、柔軟に対応を変えてくれます。
また、ローン会社によっては在籍確認を書類で行うなど電話以外の方法にできる場合もあります。

在籍確認の後に電話の内容を周りの人に聞かれたらどうしたら良いですか?

在籍確認の際には以下のような「言い訳」が使えるかもしれません。

もしもの場合に備えて次のような言い訳を考えておくと安心です。

  • ・親戚や知人からの急用

    在籍確認の際にオペレーターは個人名を名乗りますので、親戚や知人からと伝えることが可能です。電話時間が短くても仕事中だから折り返し連絡すると伝えたと言えば不自然ではないでしょう。
  • ・クレジットカード会社の確認

    最近ではクレジットカードを持っている方が多いですよね。会社によっては在籍確認の電話がある場合もありますので、「クレジットカードに申込みした件だった」と伝えれば不審に思う方は少ないでしょう。
    他にも、サービスやキャンペーンの案内などに応用できます。
  • ・営業の電話

    しつこい営業の電話と話しておくのも良いでしょう。キャンペーンの案内だと伝え、今後は職場に電話しないように伝えると言えばその後も不自然ではありません。
    また、その場で「営業の電話だから不在と伝えて」と言うことで手短に在籍確認を終わらせることもできますね。

その他、ご自身の状況に合わせて電話がかかってきてもおかしくない言い訳があるかもしれません。ベルーナノーティスでは、名乗りなども柔軟に変更できますし、対策を一緒に練ることも可能です。お気軽にご相談ください。

勤務先の電話番号を申込時に伝えたら突然電話が来るのでしょうか?

一般的にローン会社は前もって申込者に確認をしてから在籍確認を行います。

ローン会社はどの会社もプライバシーに配慮しています。
ここではベルーナノーティスの在籍確認を例にご説明します。
ベルーナノーティスでは申込者に勝手に勤務先に電話をすることは一切ありません。必ず事前に申込者の承諾をいただきますので、もし電話の時間や呼び出し内容などの指定を希望する際には、このときにご指定いただけます。
また、勤務先に電話が繋がらなかった(非通知に対応していない場合や留守の場合など)場合には、改めて申込者に確認の連絡を行います。
どのような状況でも申込者に知らされず、突然在籍確認の連絡がくることはないので安心です。

融資を受けた後も在籍確認は行われますか?

追加融資を受ける際などに在籍確認を行う場合があります。

カードローンを契約した後にも会社によっては在籍確認が行われることがあります。ご利用限度額増額審査や追加融資の際に返済能力の確認をする際などです。
転職をした際にも同様に在籍確認を行うことがあります。転職など登録内容の変更の際には必ず届け出が必要ですから、そのときに確認すると良いでしょう。
ベルーナノーティスでは、在籍確認を行う場合には事前に実施について確認を行いますし、不安な場合には在籍確認方法の変更ができます。初めて利用するときと同様に、在籍確認に関する相談が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

さらに詳しく知りたい方はこちら

まとめ

在籍確認についての不安は解消できましたでしょうか?
在籍確認なしでカードローンの借入れをするのはとても難しいです。しかし、ローン会社も申込者のプライバシーを守るために、カードローンについての内容は一切話すことはありません。カードローンの申込みについて同僚に知られることもほとんどありません。
ベルーナノーティスでは上記に加え、申込者の不安を取り除くために柔軟な対応を心掛けております。ご不安や気になる点などありましたら、お気軽に相談ください。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。