お借入限度額と増額方法

カードローンのお借入限度額(ご利用可能額)はどのように決まるのでしょうか?
ここではキャッシングをするためのお借入限度額の決め方や増額方法についてご説明します。限度額設定の仕組みや増額方法を把握し、計画的なキャッシングのご利用にお役立てください。

お借入限度額と増額方法

借入限度額とはなんですか?

お客様がお借入れできる上限額のことをいいます。

キャッシングなど利用をする際、お客様ひとりひとりに借入限度額が設定され、限度額の範囲内でお借入れをすることが可能です。ご利用限度額とも言い、残高が残っていても借入限度額内であれば追加でお借入れをすることができます。ご希望の借入限度額をお伺いしていますが、実際の借入限度額は申込みをしたキャッシング会社が決めています。

キャッシングするための借入限度額の決め方を教えてください。

お借入限度額はお客様のご返済やご利用状況など様々な情報を元に、返済能力を総合的に判断して決定しています。

ベルーナノーティスのように貸金業者からのお借入れは、貸金業法の「総量規制」というルールに従い、年収の3分の1までがカードローンでお借入れできる最高限度額となります。例えば年収が300万円のお客様の場合、他社のお借入れも含めて最大で100万円までお借入れが可能となります。「総量規制」の範囲内で、更にお客様の信用情報やお取引の履歴、ご登録内容などを踏まえた総合的な判断を元にお借入限度額を決定しています。

関連記事はこちら

銀行からの借入れは総量規制の対象になりますか?

銀行のお借入れは総量規制の対象外です。

貸金業者でのお借入れは貸金業法の「総量規制」が適用されますが、銀行での借入れは銀行法という法律が適用される為です。
同じカードローンと呼ばれるものでも、銀行から提供しているカードローンは総量規制の対象外となっています。

関連記事はこちら

クレジットカードでショッピングやキャッシングの利用がありますが、総量規制の対象になりますか?

クレジットカードは、一般的に買い物をする際に使用する「ショッピング枠」と、ATMからお借入れができる「キャッシング枠」があります。

この場合「ショッピング枠」は総量規制の対象外となりますが、「キャッシング枠」は総量規制の対象となります。少しややこしいですが、キャッシング枠は貸金業法に基づいているためです。
そのため、ショッピング枠の限度額は総量規制を加味せず、クレジットカード会社の審査で総合的に判断したうえで限度額が決められています。
キャッシング枠の限度額は、総量規制を元に総合的に判断され決められています。

関連記事はこちら

借入限度額の増額申込をするときに注意するポイントはありますか?

注意ポイントは以下の4つです。

  1. ①借入極度額を確認する

    極度額とは限度額が設定できる上限金額のことです。そのため極度額を超えた限度額は設定をすることができません。借入限度額はどのくらいまで設定が可能なのか契約内容を確認しておきましょう。
  2. ②正しい情報を申告する

    キャッシングは基本的に信用貸しです。借入限度額を増額したいが故に、虚偽の申告をしてしまうと不誠実な人だと判断されてしまい増額の審査に通らない可能性があります。また、虚偽情報だと判明すると限度額が減額になったり追加利用を断られてしまうこともあります。
  3. ③毎月の返済金額を確認する

    一般的に借入限度額を増額し借入れすると月々の返済金額が上がります。金額が上がる幅はキャッシングの会社によって様々ですが、月々の返済金額や返済回数を確認しておきましょう。
  4. ④希望額は無理のない範囲にする

    すぐに必要はないけれど、予備として希望をすることは問題ではありません。予定よりも多い金額を借入れし返済が滞ってしまっては本当に借入れが必要になった際に借入れができなくなる可能性があります。また、信用情報に傷が付き当面の間はキャッシングの利用ができなくなってしまうこともあります。

注意ポイントは借入限度額の増額をするとき以外も同様です。貸付条件の確認をし、無理のない範囲で借りましょう。

関連記事はこちら

借入限度額の増額をしたいのですが、どうしたらいいですか?

カードローンの限度額の引き上げをご希望の際は、以下のお問い合わせ電話番号へご連絡をいただくか、インターネットからお申込みください。

お客様のお借入限度額が増額可能か審査し、担当から審査結果をご連絡をいたします。

インターネットからお申込

お電話でのお申込

ー 営業時間
平日   AM9:00~PM8:00
土曜祝日 AM9:00~PM5:00
(日曜・年末年始は除く)

※審査結果はお電話にてご連絡いたします。

まとめ

カードローンやキャッシングのお借入限度額は、お客様の様々な情報を元に判断しています。
その中でも貸金業法の総量規制により、貸金業者からのお借入限度額が定まることをご説明しました。
また、総量規制にはクレジットカードのショッピングや銀行からのお借入れ、住宅ローンや自動車ローンは含まれないというのもポイントです。この点は間違いやすいポイントなので正しく把握しておきましょう。
貸金業者と銀行のどちらからお借入れをするにしても、ご自身のお借入総額と収入のバランスは重要です。
総量規制やお借入限度額の決め方を踏まえて、計画的なカードローンやキャッシングのご利用にお役立てください。
お借入限度額の増額‧ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して18年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。