カードローンとは、貸金業者や金融機関が提供する個人向けの融資サービスです。
ベルーナノーティスは、35年以上の経験と実績を持つ通信販売ベルーナ(プライム市場上場)グループのカードローンです。

× 閉じる

カードローンの借り換えとは?カードローン借り換えのメリットや審査について

現在契約しているカードローンを借り換えた方が良いかどうかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
ただ、知識がないと借り換えをどのようにすれば良いのか、有効な方法や手順がわからないという方も多いことでしょう。
今回はカードローンの借り換えを行うメリットを詳しくお伝えし、借り換えを検討すべきタイミングなどについてご紹介していきます。

カードローンを一括返済したい!メリットやデメリットを詳しく解説

カードローンの借り換えとは何でしょうか?

契約中の借入残高を別のカードローンに切り替えて完済することを指します。

・カードローンの借り換えとは

現在、借入れを行っているカードローンの契約から、別の会社のカードローンの契約に乗り換えることを、カードローンの借り換えと呼びます。
手順的には、A社のカードローンを新しく契約して借入れを行い、現在契約中のB社のカードローンを完済する仕組みとなります。
A社、B社など複数の会社から借入れを行っていた借金を、A社の借入れ金額のみC社に契約し直すケースも借り換えと呼ばれます。
金利が低い別のカードローン会社に借り換えを行うことができれば、返済負担となる金利を軽減することができるメリットがあります。

・おまとめローンとの違い

おまとめローンとは、A社、B社、C社など複数社からの借入れを行っている場合、D社1社のおまとめローン専用商品に借入れを1本化することを意味しています。
複数社から借入れを行っていると、返済期日返済金額などをそれぞれに把握した上で、滞納することなく返済を続けていく必要があり、返済管理に負担がかかります。
この負担を軽減する目的があるのがおまとめローンだと言えるでしょう。
一方、カードローンの借り換えはA社から行っている借入れをB社で返済することを意味しています。
つまり、カードローンの借り換え=ローン会社を乗り換えることを意味しているという点で、おまとめローンとは違いがあります。

関連記事はこちら

カードローンを借り換えるメリット・デメリットを教えてください。

利息を減らせるなどのメリットがある一方、再審査が必要になるなどのデメリットがあります。

・メリット

  • - 利息を減らすことができる

    金利の低いカードローンへ借り換えを行うことができれば、毎月の返済にかかる利息分を減らすことが可能となります。
    借入残高そのものを減らすことは不可能ですが、そこにかかる利息を減らすことができれば、最終的に支払う必要がある返済総額を減らすことができます。
    利息負担が安くなれば、それだけ臨時返済などで借入れ元金を減らすことも容易になるメリットがあります。

  • - 月々の返済額を減らすことができる

    カードローン会社によって、設定されている返済形式や毎月に必要となる返済金額は違ってきます。
    そのため、現在契約中のカードローン会社から別の会社に借り換えを行うことにより、月々の返済金額をより楽な金額にできる可能性があるのです。
    たとえば、A社で元金定額方式の契約を行っていた場合、B社で元利定額方式に変更すると毎月の返済額は一定価格となります。
    そうなると利息負担分の変動がなくなり、毎月1万円の返済をしていた場合は元金分と利息分で合わせて2万円の返済額となるため、元金定額方式で返済していた1万円+利息分よりも低い金額で返済を続けられることになります。
    また、同じ元金定額方式や元利定額方式の契約のまま借り換えを行なったとしても、会社によって毎月の金額が1万円のところもあれば、2万円のところもあるので、低い金額で返済可能となればそれだけ毎月の負担は減ります。

  • - 手数料を減らせる

    カードローン会社によっては、ATMで返済を行うたびに手数料を支払わなければならないサービスもあります。
    そのため、ATMの返済手数料が無料のカードローンに借り換えを行えば手数料分を節約することができます。
    1回の手数料は100円〜200円程度と微々たるものと感じるかもしれませんが、返済回数を数十回に設定している場合には積み重なって大きな金額になります。
    返済期間中は、このような無駄な出費をできる限り削って元金の返済に当てる努力をするのがベストです。

・デメリット

  • - 再審査が必要になる

    カードローンの借り換えを行う場合、現在契約中のカードローン会社とは別の会社と契約を進める必要があります。
    その際に必要となるのが再審査です。再審査は、新規の申し込みとは違ってすでに他社の借入れ金額がある状態で審査を受ける必要が出てきます。
    基本的に他社からの借入れがあると審査では不利になるケースが多いため、カードローンの新規契約よりも借り換えの方が、審査難易度が上がる点はデメリットだと言えるでしょう。
    特に既存のカードローンで返済に遅れが発生していた場合には返済履歴で信用度が一気に下がる可能性があるので事前に注意が必要です。

  • - 返済総額が増えるケースもある

    既存のカードローン会社であるA社から、低金利のB社に借り換えができた場合でも、返済期間が長い場合には結果的に返済総額が増えてしまうケースがあるので注意しましょう。
    たとえば、A社から80万円の借入れを金利18%・毎月3万円・支払い回数35回で返済を行なっていたものを、B社の金利15%・毎月2万円・支払い回数56回の返済に借り換えたとします。
    この場合、毎月の返済金額は低くなるので有利に見えますが、実際の総支払額はA社で105万円だったものが、B社では支払い回数が多いために112万円となってしまい、結果的に支払い総額が増えてしまっています。
    このように、条件によっては支払い総額が高くなっているケースもあるのでカードローンの借り換えを行う場合には事前に確認が必要です。

  • - 仕組みが変わることで利便性が損なわれる場合もある

    これまで契約していたカードローン会社での返済に慣れていると、借り換えを行なって仕組みが変わった際に利便性が損なわれるケースもあるので注意しましょう。
    たとえば、これまで返済に利用していた近所のATMでは借り換え後は返済不可能になり、別のATMを探さねばならなくなるといった不便が生まれる可能性もあります。

  • - 手数料がかかる場合がある

    先にもお伝えした通り、カードローン会社によっては返済時のATM利用手数料がかかるケースもあるので、しっかりと調べておかないと借り換えを行なった際にこれまでかかっていなかった手数料が追加されてしまう恐れがあります。

  • - 追加融資が難しくなる可能性がある

    カードローンの借り換え専用ローンに借り換えを行なった場合、追加融資が難しくなる可能性があります。
    借り換え専用ローンを利用すると、そのお金は返済目的以外には利用することができなくなります。
    そのため、借り換えによって返済が順調に進んで限度額に余裕が出てきた場合でも返済以外に利用することはできません。
    生活費の穴埋めにカードローンを利用している場合は借り換え専用ローンでは自由に使える現金の借入れができなくなるため、使い道が自由な通常のカードローンで借り換えを行うのがベストです。

カードローンの借り換えの審査について教えてください。

延滞履歴がない、安定収入、勤続年数が長い、といったケースは審査に有利に働く場合があります。

・審査でプラスに評価されやすい状況の例

  • - 延滞歴がない

    既存のカードローン会社での返済にて延滞履歴がある場合には、審査で不利になる可能性が非常に高いです。
    そのため、延滞履歴がないことは審査でプラスに評価されやすい好例だと言えるでしょう。
    カードローンを利用する場合には、普段から返済が滞らないように注意しておけば借り換えが必要になった際に有利となるので覚えておいてください。

  • - 収入が安定している

    カードローンの借り換え審査において、収入の金額や状況については重視されるポイントだといえます。
    高水準で一定金額の収入がもらえている方が、低い収入の方よりも審査には有利です。
    月々の収入が不安定な方の場合は、たとえ額面の収入が高くても返済能力は低いとみなされる可能性があるので注意が必要となります。

  • - 勤続年数が長い

    カードローン会社の借り換え審査については、どの程度の勤続年数であれば審査に有利である、といった明確な数値は開示されていません。
    ただし、基本的に審査に通りやすいとされているのは最低1年以上と言われており、勤続年数が短いよりも、長い方が良いとされています。
    そのため、カードローンの借り換えを行う場合には現在勤めている会社でなるべく長い勤続年数を維持するように計画しておくのがベストです。

・総量規制で審査に通らないこともある

総量規制とは「年収の3分の1までしか借りることができない」という貸金業法の規定のことを意味しています。
複数のカードローン会社を利用して借入れを行っている場合は、この総量規制に引っ掛かり、借り換えの審査に通らない恐れがあるので借入れのしすぎには十分に注意が必要です。

関連記事はこちら

借り換えを検討したほうがよい人、しないほうがよい人の特徴を教えてください。

金利・返済金額・手数料の負担が大きいと感じている方は借り換えを検討してみましょう。

・借り換えを検討したほうがよい人

  • - 金利が高いと感じている

    カードローンの法定金利は、以下のように借入れ金額によって上限が決まっています。
    10万円未満:年20.0%
    10万円以上100万円未満:18.0%
    100万円以上:15.0%
    現在借入れを行っているカードローン会社の金利がこちらの上限に近い場合には、カードローンの借り換えを行うことによって金利を下げることができるケースがあります。
    カードローン会社を比較する際には最低金利にばかり目が行きがちかと思いますが、実際に適応される金利は最低金利とは限らないので注意が必要です。
    既存の契約しているカードローンの金利が高いと感じている方は借り換えを検討すべきだと言えます。

  • - 毎月の返済額が負担になっている

    毎月かかる返済金額が大きくて負担になっている場合には、現在契約しているカードローン会社に問い合わせを行い、まずは返済金額を減額できるかどうか聞いてみてください。
    現在利用しているカードローン会社で返済金額を減額することが条件的に難しい際には、別のカードローン会社に借り換えを行うことで毎月の返済金額を下げることができる可能性があります。

  • - ATMの利用手数料が高いと感じている

    ATMを利用して返済を行う際にかかる利用手数料が高いと感じている場合は、カードローンの借り換えを行うことで手数料を無料に抑えることができるケースがあります。
    返済一回にかかるATMの利用手数料は微々たるものではありますが、返済回数が多い場合には積み重なって負担となりますので見直しを検討すると良いでしょう。

・借り換えをしないほうがよい人

  • - 現在のカードローンの金利がすでにある程度低い基準を満たしている

    カードローン会社で設定されている金利は会社によって異なるものの、最低金利が極端に低いサービスはほとんどないという現状があります。
    そのため、現在利用しているカードローン会社の金利が他の会社と比較してもほとんど変わらなかったり、ある程度低い基準を満たしていたりする場合はカードローンの借り換えを行なっても大きく金利が変わる可能性は低いです。
    そのため、借入れ金額がかなり大きくてわずかな金利の変化でも差が出る場合を除けば、少々の金利の差はカードローンを借り換えるに値するメリットは少ないと言えます。

  • - 借入れ金額が小さくて返済の負担もそれほど大きくない

    たとえば100万円で借入れを行っている場合、
    年利18.0%→年間利息18万円
    年利15.0%→年間利息15万円
    となり、その差額は3万円と大きいものになります。
    そのため大きい金額で借入れを行っている場合は金利の見直しと借り換えの検討は有効だと言えるでしょう。
    しかし10万円で借入れを行っている場合その差額は十分の一となり、わずか3,000円しか変わりません。
    そのため、そもそもカードローンを利用して借入れしている金額が低い場合は借り換えを行うメリットが低い可能性があります。

  • - 返済に負担を感じていない

    毎月の返済金額を用意するのに大変な思いをしているという方はカードローンの借り換えを検討すべきです。
    しかし現在契約しているカードローンの返済に関して、そもそも大きな負担を感じていない場合はカードローンの借り換えを行うメリットは低いと言えます。

  • - 手数料に不満がない

    既存の利用しているカードローンがすでにATMの利用手数料が無料であるなど、サービスや条件が充実していてカードローンの利用にかかる手数料に不満がない場合は借り換えを検討するメリットは低い可能性があるので注意してください。

借り換える際の注意点を教えてください。

借り換えを行う際はサービスを比較し、返済シミュレーションを必ず行うようにしましょう。

・借り換えるときに比較するポイント

カードローンの借り換えを検討する場合には、金利、提携ATMの利用可能時間、約定返済額、自社ATMがあるか、返済手段はどのようなものかなどを詳しく比較しましょう。
ATMの利用手数料の有無などもしっかりと確認し、手数料負担が増えないように注意する必要があります。
また、利便性を担保するために近所にカードローンの出入金を行うことができる対応ATMがあるかどうかを確認しておくことも重要です。

・返済シミュレーションを必ず行う

すでにお伝えしている通り返済期間も利息額に影響を与えるため、カードローンの借り換えを検討する前に、事前に返済シミュレーションを行うことはとても重要です。
カードローンの借り換えで返済総額を減らしたいならば、臨時返済で返済期間を短縮すれば長期的にかかる利息を抑えることができるため、しっかりと返済計画を立てるようにしましょう。

・借り換え先の条件が変わる場合、総額が高くなることもある

カードローンの借り換えを行って低金利での借入れが可能となっても、返済期間の長さによっては結果的に返済総額が高くなってしまう可能性もあることに注意しましょう。

まとめ

今回は、カードローンの借り換えを検討する際に知っておくべきポイントなどについて詳しくお伝えしてまいりました。
カードローンは利用計画をしっかりと立てるとともに、どのカードローン会社を選ぶかを事前に検討することも非常に重要です。
そもそも、金利がある程度低く抑えることができて利用しやすいカードローンを選ぶことができていれば、カードローンの借り換えを検討しなければならなくなる事態に陥ることもありません。
カードローンの利用や借り換えを検討する際にはこちらの記事でお伝えしたことを参考に有意義なカードローン会社選びを行うことをおすすめします。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者 3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して19年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。

ベルーナノーティス
3つのあんしんポイント

Point
1

\3ステップでお借入!/
最短30分審査

お借入は簡単3ステップ

  •  STEP1

    インターネットなら
    最短3分で申込完了!

    お電話でもお申込可能です。

  •  STEP1

    最短30分で
    審査完了!

    審査結果は電話かメールでご連絡。
    インターネットでご契約手続き可能です。

  •  STEP1

    ご利用手数料
    0円!

    提携ATMご利用または振込融資可能!
    カードはご自宅へ郵送いたします。

Point
2

\通信販売でおなじみ/ グループ

  • 安心の
    ベルーナグループ

    ベルーナノーティスは、ベルーナ(プライム
    市場上場)グループのカードローン会社です。

  • 来店不要
    契約完了!

    インターネットとお電話でお手続き可能!
    カードはご自宅へ郵送いたします。

  • 創業35年以上
    カードローン

    1987年に創業してから
    多くのお客様に
    愛され続けています。

Point
3

\はじめてのご利用に限らず/
何度でも利息0円

はじめてのお借入と完済後の再度のお借入が何度でも14日間利息0円。

  • ※お借入の翌日より14日間無利息サービスが適用されます。
  • ※完済後の再度のお借入が、前回の無利息適用のお借入日から3ヶ月経過している場合、無利息サービスが適用されます。
  • ※無利息適用期間終了の翌日から通常金利(実質年率)4.5%~18.0%が適用されます。
  • ※弊社都合により無利息サービスを終了させていただく場合がございます。