カードローンとは、貸金業者や金融機関が提供する個人向けの融資サービスです。
ベルーナノーティスは、35年以上の経験と実績を持つ通信販売ベルーナ(プライム市場上場)グループのカードローンです。

× 閉じる

キャッシングやカードローンは借金なのか?無理なく返済するコツについて

キャッシングやカードローンについては「借金なのではないか」と心配して利用を懸念している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、キャッシングやカードローンは果たして借金なのか、違いは何か、無理なく返済するコツはどのような方法があるのかなどを詳しくお伝えしてまいります。

キャッシングやカードローンは借金なのか?無理なく返済するコツについて

キャッシング・カードローンは借金なのでしょうか?

借入れという意味では借金にあたりますが、急な出費に対応できる便利な方法でもあります。

・キャッシングとは

キャッシングとは、現金を借入れすることができるサービスの総称であり、お手持ちのクレジットカードやカードローンを利用してお金を借りることができるサービスのことを指します。
急な出費の必要がある場合にコンビニのATMやインターネットなどを利用して現金の出金・返済を行なったり、口座へ振り込んでもらったりすることができます。

・カードローンとは

カードローンとは、銀行などの金融機関や消費者金融、カードローン会社といった貸金業者が提供している個人向け融資サービスのことを指します。
発行されたキャッシング専用カードを利用してキャッシングすることを意味しており、ATMやコンビニなどから手軽に借入金を引き出したり、口座に入金してもらったりできます。

・キャッシングとカードローンの違いとは

キャッシングとカードローンの違いは明確ではありません。
上記の通り、どちらも個人向けの融資サービスである点は同じであり、申込みを行なって審査に通れば現金の借入れを行うことができます。
キャッシングサービスを提供する会社によっては、キャッシング機能を付帯しているクレジットカードによる借入れをキャッシング、ローン専用カードで行う借入れをカードローンと定義しているケースもあるようです。
基本的に、キャッシングとカードローンは同じような個人向け融資であると理解しておけば問題ないでしょう。

・キャッシングやカードローンは借金になるか

キャッシングやカードローンは、どちらも個人向けの融資サービスにあたるのでお金を借りることになります。
お金を借りる」というのは「借金(しゃっきん)」と同じ意味であるため、定義としてはキャッシングとカードローンはどちらも借金ということになるでしょう。

・借金なら利用しないほうがいいのか

一般的に借金というキーワードにはマイナスイメージがつきまとうものです。
そのため「キャッシングもカードローンも借金にあたるならば利用しない方が良いのでは?」と考える方もいることでしょう。
しかし、キャッシングやカードローンは、実際はさまざまな理由で一時的に費用がかさむ時にお金を補填することができるたいへん便利な方法でもあります。
そのため、返済の計画を立てた上で自分の収入に見合った金額を借入れするのであれば社会的にマイナス評価を受けることもありません。
キャッシングやカードローンは、お金が急に必要になった場合の便利な選択肢のひとつとして考えて良いでしょう。

関連記事はこちら

キャッシング・カードローンを利用するメリット・デメリットを教えてください。

使い道や借入れ時期の自由度が高いといったメリットや、返済期間の長期化などのデメリットがあります。

・キャッシング・カードローンを利用するメリット

  • - 担保や保証人を用意しなくても良い

    キャッシングやカードローンを利用する場合、ほとんどのサービスで無担保・無保証人による利用が可能となっています。
    そのため、お金を借入れする際に担保や保証人を別途用意する必要がないので気軽に利用することができるメリットがあります。

  • - 使い道の自由度が高い

    キャッシングやカードローンでは、利用目的を制限されないので融資されたお金を自由に使えるというメリットがあります。
    同じ借入れでも、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンでは利用する目的が限られていて、別の目的に借入れしたお金を使うことはできません。
    そのため、急な出費への対応をしつつ生活費の補填なども行いたい、といったさまざまな利用使途がある場合はキャッシングやカードローンの利用を検討するのが良いでしょう。

  • - お金が必要なタイミングで借りられる

    キャッシングやカードローンは365日利用でき、審査からカード発行についても即日〜翌日などの短い期間で対応してもらうことができます。
    また、限度額の範囲内であれば何度でも借入れを行うことが可能です。
    一方、住宅ローンや自動車ローンなどの一般的なローンについては審査のために必要な書類も多く、一度の借入れの後に追加融資を受けたい場合は再度審査を受けなければなりません。
    そのため、支払わなければならない費用を急に用意しなければならないケースなどに即座に対応するならば、キャッシングやカードローンは非常に便利であると言えます。

  • - 「残高スライド方式」が多いため計画的に利用しやすい

    残価スライド方式とは、借入れを行なった金額の残高に応じて、月々に返済する金額が変動(スライド)する返済方式のことです。
    こちらは多くのキャッシング・カードローンの返済方式として採用されており、借入れの残高に合わせて毎月定額での返済となるので、返済計画をしやすいメリットがあります。

・キャッシング・カードローンを利用するデメリット

  • - 返済期間が長期化する可能性

    キャッシングやカードローンは急な出費に対応することができる便利な個人融資サービスです。
    しかし、限度額の範囲内であれば何度でも使徒に関係なく自由に借入れすることができるため、借入れを行うことが慢性化してしまうと返済期間が長期化して金利がかさむ可能性があります。
    最悪の場合、複数のカード会社や消費者金融のキャッシングやカードローンを利用して多重債務者となるデメリットがあるので、ご利用の際の返済計画は入念に立てるようにしましょう。

  • - 契約した利用限度額によって金利が異なる

    キャッシングやカードローンでは、利息制限法に基づいて貸付金額に応じて15%〜20%の上限金利が設けられています。
    たとえば、限度額100万円以上は15%が法的上限金利となっています。
    契約した際の利用限度額によっては、高い金利で返済での返済になる可能性も出てきますので、利用する際はどれくらいの金利がかかるかを事前に確認するようにしましょう。
    ただし、どのキャッシングやカードローンでも必ず限度額に応じて金利が高く設定されているわけではありませんので、ご利用前に金利については比較検討することが重要です。

  • - 他のローンを組む際、利用状況によっては審査に影響する可能性がある

    キャッシングやカードローンの利用状況において、たとえば他社借入金額や借入件数が多すぎたり、返済の延滞記録が残っていたりする場合には、住宅ローンや自動車ローンなどの他のローンを組む際に審査に影響する可能性があるので注意しましょう。
    とはいえ、キャッシングやカードローンを無理のない金額の範囲内でしっかりと返済を行っていれば、利用しているからといって即座に他のローンの審査に大きく影響するわけではありませんのでその点は把握しておきましょう。

関連記事はこちら

キャッシング・カードローンを利用した場合の影響はどのようなものがありますか?

返済をしっかりと行っていれば影響は特にありませんが、借入件数過多や慢性的な利用などは要注意です。

・利用すると信用情報に影響するか

  • - 利用しただけではしない

    「キャッシングやカードローンを利用すると、信用情報に傷がついて他のローンの利用に影響するのではないか?」と不安を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。
    結論、キャッシングやカードローンを利用しただけでは特に信用情報に影響はありません。
    信用情報に傷がつくケースは、たとえば毎月の返済を長期間延滞してしまうなどの行為があった際に信用情報にその旨が記載されます。
    そのため、無理のない範囲で借入れを行って返済も滞りなく行っていれば特に心配は必要ないと言えます。

・住宅ローンなどの他のローンへ影響するか

  • - 返済を遅延せずに行っていれば影響はない

    住宅ローンなどの他のローンをキャッシング・カードローンと併用したい場合でも、基本的に、返済を遅延せずに対応していれば大きな影響はないとされています。
    そのため、キャッシングやカードローンを利用しているからといって他のローンを組むことを諦める必要はありません。

  • - 借入件数・金額・慢性的な利用で影響することもある

    キャッシングやカードローンの利用で他のローンに影響が出る可能性があるケースとしては、借入れを複数の会社で行っている場合が挙げられます。
    その他、借入れしている金額が大きかったり、日常的かつ慢性的にキャッシングやカードローンを利用していたりする場合も他のローンに影響することもあるとされているので、ご利用状況については無理のない範囲での活用を心がけるようにしましょう。

関連記事はこちら

キャッシング・カードローンを無理なく利用するコツを教えてください。

返済計画を立て、サービスを比較検討しつつ、借入金額を無理なくするなどの工夫を行うことが大切です。

・事前に返済計画を立てる

キャッシングやカードローンを利用する際に失敗しがちなのが、事前に返済計画を立てていなかったばかりに返済の長期化に陥ってしまうケースが挙げられます。
そのため、キャッシングやカードローンを利用する際には事前に無理のない返済計画を事前に立てておき、いつまでに完済できるか、毎月の返済に余力のある資金を用意できるかなどを把握しておくことが重要となります。

・金利が低い・手数料負担が少ないサービスを利用する

キャッシングやカードローンについては、会社によって設定される金利や手数料は違うので、より負担が少ないサービスを選ぶことも大切です。
たとえば、銀行系のキャッシングやカードローンは金利が低いケースが多いですが、一方で審査が厳しいといった側面もあります。
消費者金融のキャッシングやカードローンだと金利は高めになるものの審査はある程度通りやすく、早めの融資を受けられる場合が多いです。
このように、それぞれのメリット・デメリットがあるので比較検討しながらご自身の利用目的や返済計画の立てやすいサービスを選ぶのがコツだと言えます。

・借入れする金額を大きくしすぎない

キャッシングやカードローンには総量規制と呼ばれる制度があり、年収の3分の1までの金額以上は借入れることができないという取り決めがあります。
しかし、借入金額がこの総量規制のギリギリまで大きくなってしまうと、月収に対する毎月の返済金額の割合が大きくなってしまい、返済が長期化して金利も含めた返済総額が大きくなってしまう懸念があります。
そのため、キャッシングやカードローンでは大きな金額での借入れはなるべく避けて無理のない範囲での利用を心がけるようにしましょう。

・無利息期間を活用する

消費者金融が提供しているキャッシングやカードローンのサービスには30日の無利息期間を設定しているものもあるので、上手に利用すれば金利がかからないように工夫することができます。
無利息期間を超えてしまうと金利が発生するので、緊急でお金が必要になるものの30日以内に返済の目処が立っている場合には、無利息期間を利用すれば無利子でお金を借りることができるので便利です。

・複数の金融業者から借入れをしない

キャッシングやカードローンを利用して複数の金融業者から借入れを行うと、返済期日が別々にやってくるので返済管理が煩雑になったり、万が一、返済が遅延した場合には信用情報に響いたりするので、なるべく1社から借入れするようにするのが良いでしょう。
他社で借入れを行なったキャッシングやカードローンの返済のために、別の会社から借入れを行うようなことは多重債務者となる危険性があるので絶対にしないようにしてください。

・ボーナス払いなどを利用して、収入が多いときに返済額を大きくする

キャッシングやカードローンでは決して安くない毎月の金利負担が発生するため、返済をより効率的に行っていくためには、ボーナス払いなどを利用して収入が上がったときに多めに返済することを意識するのも無理なく利用するコツです。
臨時収入があった場合にはすぐに使ってしまうのではなく、返済に当てることを優先してなるべく早期に完済できるように対応を心がけましょう。

関連記事はこちら

まとめ

今回は、キャッシングやカードローンは果たして借金なのか、違いは何か、無理なく返済するコツはどのような方法があるのかなどを詳しくご紹介してきました。
キャッシングやカードローンはお金を借りるという意味合いにおいては借金と同じ意味になるものの、計画的な利用を行えば急な出費に対応することができる便利な個人向け融資サービスであると言えます。
ご利用の際は、無理のない範囲内での借入れを心がけ、返済計画を入念に立てることが重要です。

監修:野間 正司

賃金業務取扱主任者 3級FP技能士

カードローン、キャッシング、消費者金融の貸金業に従事して19年目。顧客応対、審査業務は10年以上の経験があり、多いときには月間約2,000件以上の最終与信決裁に携わり、顧客の様々な資金ニーズや生活を目の当たりにしてきた。顧客の返済に関するカウンセリング業務や法的手続きの相談業務、苦情相談窓口業務、コンプライアンス担当まで貸金業に関わる幅広い経験を持つ。2児のパパ。趣味はロードバイク、波乗り、トレッキング。

ベルーナノーティス
3つのあんしんポイント

Point
1

\3ステップでお借入!/
最短30分審査

お借入は簡単3ステップ

  •  STEP1

    インターネットなら
    最短3分で申込完了!

    お電話でもお申込可能です。

  •  STEP1

    最短30分で
    審査完了!

    審査結果は電話かメールでご連絡。
    インターネットでご契約手続き可能です。

  •  STEP1

    ご利用手数料
    0円!

    提携ATMご利用または振込融資可能!
    カードはご自宅へ郵送いたします。

Point
2

\通信販売でおなじみ/ グループ

  • 安心の
    ベルーナグループ

    ベルーナノーティスは、ベルーナ(プライム
    市場上場)グループのカードローン会社です。

  • 来店不要
    契約完了!

    インターネットとお電話でお手続き可能!
    カードはご自宅へ郵送いたします。

  • 創業35年以上
    カードローン

    1987年に創業してから
    多くのお客様に
    愛され続けています。

Point
3

\はじめてのご利用に限らず/
何度でも利息0円

はじめてのお借入と完済後の再度のお借入が何度でも14日間利息0円。

  • ※お借入の翌日より14日間無利息サービスが適用されます。
  • ※完済後の再度のお借入が、前回の無利息適用のお借入日から3ヶ月経過している場合、無利息サービスが適用されます。
  • ※無利息適用期間終了の翌日から通常金利(実質年率)4.5%~18.0%が適用されます。
  • ※弊社都合により無利息サービスを終了させていただく場合がございます。